まとめエクシード

儲かるビジネス・副業は?398人に調査!仮想通貨・フリマアプリが熱い

儲かりそうなビジネス・副業についてアンケート調査しました!

>

近年副業に対する世間の関心が非常に高まってきています。

その流れを受け、大手企業でも続々と副業・兼業の解禁が相次いでいます。ヤフーやサイバーエージェントなどのIT企業や、コニカミノルタや新生銀行などの大企業でも副業が容認されるようになりました。お堅いイメージのある大手銀行の新生銀行まで副業を容認したというのには正直驚きです!

ちなみに各企業が副業・兼業を容認するに至った背景に、安倍内閣が掲げた「働き方改革」の影響もあったと推測されます。今年1月には「副業・兼業の促進に関するガイドライン」を公表するなど、国としても副業・兼業の促進を図っているようです。副業推進の流れは今後より強まっていきそうですね!今すでに副業ビジネスに興味を持っている方も多いのではないでしょうか?

ということで今回は、儲かるビジネス・副業についてのアンケート調査を行いました。

10代から50代以上の男女389名に「これをやったら儲かると思うビジネス!」について聞いてみたところ、斬新かつ面白いアイディアがたくさんありました。そんな面白いアイディアの数々をご紹介するとともに、「今後儲かりそうなビジネスとは一体何か」ということを考えていきましょう!

儲かるビジネスはコレ|アンケート結果

儲かるビジネス

数年前は「副業」と聞くと、内職などの在宅での手作業仕事だったり、新聞配達や夜勤のアルバイトなど早朝・深夜お仕事というイメージを抱かれる方も多かったのではないでしょうか?

しかし近年副業に対するイメージの変化はガラリと変わり、今回のアンケートもそれを表す結果となりました。時代の流れを感じます…!皆さんから寄せられた回答をまとめてみましたので、さっそくご紹介していきましょう!

スマホ1台で稼げる時代到来!IT関連ビジネスへの回答多数

【SNS活用ビジネス】
◆SNS投稿時の写真フレームやコメントフレームなど写真を華やかにする為の素材を販売
◆インスタ映え商品をSNSやホームページでリストアップし、拡散
◆Twitterのポップアップ表示などSNSに関する便利なサービスの配信
【ネットマーケットビジネス】
◆海外から仕入れた商品をフリマアプリで販売
◆インターネット引き取ったり格安で買付けた商品を販売
◆子供服などを安く仕入れ、ネットオークションで販売
【動画配信ビジネス】
◆Youtuberとして広告収入付の動画をアップ
◆ツイキャスやふわっちなどの動画配信サイトで配信者となり人気が出たらイベントを開催
【サイト運営】
◆個人サイトでネットショップの運営
◆保険比較サイトの運営(海外に移住する場合などの加入保険の比較)
◆ブログによるアフィリエイト

スマホの普及に伴い、TwitterやinstagramなどのSNSやフリマアプリを活用したいという声が多く届くという結果になりました。SNS活用ビジネスやフリマアプリは、女性からの人気が非常に高かったです。

みなさんはフリマアプリを利用したことがありますか?年々利用者が右肩あがりで上昇しているというフリマアプリについて調べてみましたので、ちょっとご紹介したいと思います。

メルカリ・ラクマ|副業ビジネスにフリマアプリが大活躍

【フリマアプリとは】
インターネットを通じて個人間での売り買いが簡単にできるスマホアプリのこと。出品者はスマホなどで写真を撮影し、商品説明等を記入してアップするだけというそのお手軽さがうけ、若い世代を中心に大人気となっています。具体的にはメルカリ・フリル・ラクマ・クルクルなどが挙げられます。

その中でも最もユーザーをかかえているのが、業界最大手のメルカリ。TVコマーシャルも非常に多いので、「利用したことはないけど名前は聞いたことある」という方もいらっしゃるかもしれませんね!

ちなみにメルカリでは、2018年7月に累計出品数が10億品を突破したそうですよ!

フリマって数年前までは、申し込み後出展料を支払い、公園や広場などで売り場をかまえて販売を行うという少々手間隙のかかるイメージがありましたが、それが自宅で数分で出品出来るなんて、もはや大革命といってもいいかもしれません!

わたしは購入で利用したことがあるのですが、あまりの簡単さに衝撃を受けました…。特に欲しいものは決まっていない時でも、眺めているだけでも楽しかったりするんですよね。出品もとっても簡単ということなので、次回は出品にもチャレンジしてみたくなりました(*^^*)

Youtuberで稼ぎたい方も多数!趣味と実益を兼ねたビジネスモデル

儲かるビジネス

20代の方の回答を分析したところ「Youtuberなどの動画配信サイトの利用」という声も多かったです。いわゆる【Youtuber(ユーチューバー)】ですね!

簡単にその仕組みをご説明いたしますと

動画配信サイトに動画を投稿する際、その動画に広告を付けることができます。その動画が再生されたり、広告のリンクがクリックされるとアップロード者に広告収入が入るという仕組みになっているんです。

動画配信ビジネスは動画をアップロード出来る媒体(パソコンなど)とインターネット環境さえあればすぐにでもチャレンジ可能ですし、自分の趣味や好きなものに関する動画作りを行うというのはまさに趣味と実益を兼ねた新たなビジネスモデルの象徴ですね!

しかし、Youtubeでは各動画の再生回数が累計1万回以上再生されているチャンネルでなければ収益化の審査を受けることが出来ません。また、著作権侵害など違法動画はもちろん禁止されているので、広告収入を得るためには、各社の規定に従うよう注意が必要です!

アフィリエイトビジネスは結局儲かるの?

また、アフィリエイトを活用したいと答えた方も多くいらっしゃいました。フリマアプリやSNSの活用ビジネスと答えた方は圧倒的に女性に偏っていたのですが、アフィリエイトに関しては男性の声も寄せられました。

アフィリエイトとは一言でいうと、自分のブログやサイトに企業の商品やサービスなどの広告を貼って収益を稼ぐビジネスのことです。

たとえば、

【A】という商品に関する広告を貼りたい!という際、アフィリエイター(アフィリエイトをする人)は自分のサイトで【A】の商品の良さやメリットなどに関する記事を書きます。
そしてその記事を読んだ人が広告をクリックしたり商品の購入に至ると、アフィリエイターに収益が入る

という仕組みになっているんですね!

しかし見る側も目が肥えているため、いかにもな記事などは敬遠されてしまいがちです。ブログなどを閲覧している時に、積極的に広告をクリックすることってそんなにないですよね。そこがアフィリエイトの難しさであり、「アフィリエイトは稼げない」という声をよく目にする理由かもしれません。

しかし中には月数百万以上稼ぐアフィリエイターがいるのも事実です!インターネットを通しているとはいえ記事を書く側、記事を読む側共に対人との関係によって成り立っています。いかに読む側の心理を想像し、相手の興味をひく記事が書けるかがアフィリエイトの成功の鍵といえそうですね。

ブログを書くのが好きな方、サイトの運営に興味がある方などはチャレンジしてみても良いかもしれません(*^^*)

儲かるビジネスは二極化?|堅実派or豪快派

儲かるビジネス

さて、ここまでご紹介したとおり、今回のアンケート結果ではITビジネスへの人気の高さが伺えました。本当に時代を感じますね!

しかしITビジネス以外にも根強い人気を見せたビジネスがありましたので、みなさまから頂いた回答ともにご紹介していきたいと思います。

クラウドワークスは主婦からの支持

内職などの在宅型ビジネスやクラウドワークスを推す声もありました。家事や育児に忙しく、なかなか時間がよめないという方でも、手が空いたときに少しずつ出来るクラウドワークスは忙しい主婦の方でもはじめやすいビジネスですね。

具体的には、

【データ入力】【データ収集】【ライティング(記事作成)】【キャッチコピー作り】【文字起こし】【チラシなどの封入作業】

などがあります。

外で働くのが難しい方や、堅実にコツコツ稼げてリスクがないビジネスからはじめたいと考える方にはとってもオススメです!

投資型ビジネスも安定の人気|株・FX・仮想通貨・不動産

株式やFX、不動産投資も根強い人気がありました。男性からの支持、とくに若い方に比べ資金に余裕があるであろう50代以上の男性からの声が多く届きました。

仮想通貨投資と答えられた方も結構いらっしゃいましたよ!ビットコイン、イーサリアム、リップル、ネムなどですね。

ちなみに、世界で一番最初につくられた仮想通貨がビットコインなのですが、その当時(2009年)の価格は日本円にして0.07円でした。現在(2018年10月)ビットコインは700,000円を超えているので、おおまかにいって1000万倍に高騰しているということになります。1000万倍って、もはやイメージが追いつかない高騰っぷりですね…。

日本での取引が盛んになったのはまだ昨年からのことですので、見通しが難しくリスクも高い分野といえるかもしれません。仮想通貨に限らず、株・FX・不動産などあらゆる投資にリスクはつきものです。投資ビジネスにチャレンジする際は、リスクを踏まえしっかりとした情報収集と知識を付けた上で臨む必要がありそうですね。

儲かるビジネス・アンケートのまとめ

儲かるビジネス

さて、今回は「これをやったら儲かると思うビジネス!」についてのアンケート結果をご紹介しました!いかがでしたでしょうか?10代から50代以上という幅広い世代の方々からご回答頂けましたので、ビジネスアイディアにもかなり広がりを感じる結果となりました。

「本業で堅実に稼ぐので副業では大胆にチャレンジしてみたい」

「趣味をビジネスにすることで、いつか好きなことを本業にしたい」

「生活をもっと楽にするために、リターンは大きくなくてもコツコツ堅実に稼ぎたい」

など、思い描くビジネスモデルは様々かと思います。自分はビジネスにおいて何を求めるのか、月にどれぐらい稼ぎたいのかということを具体的にイメージすることが、新しいアイディアの第一歩かもしれませんね!

ご覧いただきありがとうございました(*^^*)

Sponsored Link