【2019年最新版】SEOと文字数の関係性とは?注意点も紹介!

文字数を増えれば検索順位は上がる?SEOと文字数の関係を紹介!

>

  • 公開日2019年9月11日
  • 更新日2019年9月11日

WEBコンテンツを作成する際に、SEO効果が見込まれる要素の1つとして考慮すべきことが「文字数」になります。

WEB担当者やアフェリエイターの方がコンテンツを作成する上で「SEOと文字数って関係あるの?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、SEOと文字数の関係性やWEBコンテンツを作成する際に知っておきたい平均的な文字数、注意点について紹介していきます。

文字数は上位表示に必要?

葉っぱ

コンテンツを作成するWEB担当者やアフェリエイターの間では「文字数」は、SEO対策をする上で重要な要素の1つになります。

ただページを上位にランクインさせるために、単純に文字数だけを増やせば良いというのは間違いです。

文字数を考慮に入れながらコンテンツ作成をすることは大切ですが、SEOにおいて文字数は直接的に検索順位に影響を及ぼしません。

SEOと文字数の関係性について

キーボード

では実際に、コンテンツの文字数はいかにしてSEOに影響を与えているのでしょうか?

ここでは、SEOと文字数の関係性について一緒に見ていきましょう。

SEOとの関係性①:文字数よりも情報の網羅性を意識しよう

SEOと文字数の関係性を考える上で知っておくべきことは、情報の網羅性になります。

WEBコンテンツを作成する前はジャンルやテーマを決め、それに沿ったキーワードをいくつか選定するかと思います。

例えば、『夏の星座 数』や『夏の星座 見つけ方』というそれぞれ異なったキーワードについて、ライティングをすると仮定しましょう。

前者の場合は「夏の星座は〇〇個」という単調な記述であってもユーザーは満足でき、逆に長々と記述してしまうと不満感を感じる原因になります。

一方で後者の場合は「夏の星座の見つけ方」に関して具体例を用いるなど、ユーザーに分かりやすい説明をしようとすると必然的に文字数が多くなります。

つまり、文字数以上にキーワードに関する「答え」「説明」に適切な文字数で記述し、網羅性の高いコンテンツにすることが何より大切になります。

SEOとの関係性②:幅広い見解を踏まえて記述する

関係性①の補足になりますが、キーワードの中でもビッグワードに関するコンテンツでSEOを狙うとすると、幅広い見解を踏まえた網羅性の高いがコンテンツが必要になります。

ビッグワードとは、メインワードとも呼ばれ検索される回数が多く「食べ物」「アパレル」といった比較的抽象的なキーワードが当てはまります。

ビッグワードはユーザーが幅広く集めたい情報や多くの説明が必要な情報であることから、そのビッグワードの説明や情報の記述は自然と文章が多くなり長文化します。

しかし、十分な説明の記述が無くユーザーが求めている情報に不足があると判断された場合は、上位表示を見込むのは難しくなります。

そのため、選定したジャンルやテーマ、キーワードに沿って幅広い見解を踏まえて網羅性の高いコンテンツに仕上げることがSEO効果を得るためのポイントになるでしょう。

キーワードの選定はサジェスト機能を用いることで、Google・Yahoo!などの検索窓で多くの人が検索しているキーワードを把握し、検索ユーザーのニーズを把握することが可能です。

このようにサジェスト機能を使ってターゲットのニーズを把握し、SEO対策で選定したキーワードをもとにコンテンツ作成することもできるでしょう。

サジェスト機能や仕組み、メリットについて詳しい内容はこちらからご覧ください。

最近、LINEアプリでも追加された「サジェスト機能」ですが、「そもそもサジェスト機能ってどんな機能?」と疑問になる方も多いかと思われます。サジェスト機能とは、Google・Yahoo!などの検索窓にキーワードを入力した時に、関連性のあるキーワードが自動的に予測変...

SEOとの関係性③:記事を細分化してもSEO効果が見込める

特にビッグワードについてより詳しく記述しようとすると、たとえ全ての項目が重要な情報であったとしても、1つのページに過剰に文字数が含まれる恐れがあります。

あまりにも文字数が多いとユーザーは読んでる途中で飽きてしまい、他のページに行ったりそのページから離脱してしまったりする可能性があるため、ユーザーの利便性が低下します。

そのようなケースにおいては、1つのコンテンツを複数のページに細分化して内部リンクでグルーピングすることによって、より効果的にSEOを見込むことができるでしょう。

例えば、『サイト制作』をテーマにした場合、『サイト制作 会社』、『サイト制作 流れ』、『サイト制作 費用』、『サイト制作 勉強』などそれぞれ1つのコンテンツとして作成することができます。

そして『サイト制作 会社』の記事内に、『サイト制作 流れ』や『サイト制作 費用』などの記事を内部リンクに貼り付けることで『サイト制作』というテーマでグルーピングすることができるのです。

このように情報量が増え文字数が多いコンテンツになる場合には、1ページにまとめるのではなく、複数のページに細分化すると良いでしょう。

SEOに平均的な文字数や注意点

空撮

以上、SEOと文字数の主な関係を主な3つのポイントについて説明しました。

ここでは、実際にSEO効果を見込んだコンテンツを作成する際に、平均的な文字数や注意点に関して詳しく見ていきましょう。

SEOに平均的な文字数とは?

冒頭でも説明しましたが、文字数はSEOに直接的に影響を及ぼすのではなく、ユーザーのニーズを満たそうとすると必然と文字数が増えるということが正しい見解になります。

そのため平均的な文字数というのは、ジャンルやテーマ、キーワードによって異なるため一概には言えませんが、SEOを見込む上で平均的な文字数は約4,000〜5,000文字とされています。

この文字数は、アメリカの有名なSEOブログの1つである「Backlinco」が検索順位と文字数を調査した結果になります。

この調査結果によると、1ページ目に上位表示されている平均文字数は1,890となり、日本語に置き換えると約4,000〜5,000文字となります。

そのため文字数を稼ぐのではなく、ユーザーによって有益な情報を記述することで必然と文字数が多くなり、同時にSEO効果も見込むことができると言えるでしょう。

参考ページは以下になります。

Backlinco:https://backlinko.com/search-engine-ranking

コンテンツの内容によっては文字数が重要視されにくいことも

SEOと文字数には間接的な関係性があるということを説明しましたが、コンテンツの内容によっては文字数がそれほど重要視されない場合もあります。

例えば、「肉じゃがの作り方」や「動画編集のやり方」など文字の情報量だけでは分かりやすく伝えづらい場合、それらについて詳しく説明しているイラストや画像、動画が重要視されます。

そのため、全てのコンテンツにおいて必ずしも文字数が重要視されるというわけではありませんが、ユーザー目線で情報を網羅し、コンテンツ作成をすることが何より重要であると言えるでしょう。

SEOと文字数の関係性について|まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、SEOと文字数の関係性や平均的な文字数、コンテツを作成する際の注意点について紹介しました。

単純に文字数を多くすれば上位表示されるというわけではなく、ジャンル、テーマ、キーワードに沿った説明や答えを記述することで、適切な文字数でコンテンツが形成されているかどうかが重要となります。

ジャンルやテーマ、キーワードによって異なるため一概には言えませんが、上位表示しているサイトの平均的な文字数は約4,000〜5,000文字とされています。

しかし、ユーザーが求めている質の高いコンテンツを提供することができれば、文字数が少なくイラストや画像、動画を用いたコンテンツであったとしても上位表示は可能です。

WEBコンテンツを作成する際は、SEOと文字数の関係を意識しながら以上でご紹介した内容をぜひ参考にしてください。

By


Sponsored Link