スマホ時代に欠かせないモバイルSEOとは?注意点やツールを解説!

モバイル端末向けのSEO対策を行う必要があるモバイルSEOとは?

>

  • 公開日2019年9月12日
  • 更新日2019年9月12日

スマホを利用するユーザーが一般化していく中で、サイト運営者の方は「モバイルSEO」の対策について理解しておく必要があるでしょう。

WEBサイトの制作をする際にはデスクトップなどのPC端末だけではなく、スマホやタブレットといったモバイル端末に対応させる必要があります。

そこで今回は、スマホ時代に欠かせないモバイルSEOとは何か、成功に導くための対策、注意点、ツールについて紹介していきます。

PCユーザーよりも圧倒的に多いモバイルユーザー

景色

インターネットを利用し様々な情報を集めたり、WEBサイトを閲覧したりする際に、デスクトップなどPC端末を使うユーザーよりも、スマホやタブレットと言ったモバイル端末を使って検索をするユーザーの方が圧倒的に多いということはご存知でしょうか?

2017年の総務省による調査によると、ネット検索のPC端末ユーザーは72.5%、スマホ・タブブレットを含むモバイル端末ユーザーはなんと94.8%という数字が出ており、モバイル端末ユーザーの方がおよそ23%も上回っています。

欧米諸国など他の先進国でも同様の傾向が見られることから、全世界においてスマホやタブレットなどのタブレット端末の方がネット検索において多く使われているということがわかります。

引用:総務省 インターネットの利用動向 http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h30/html/nd252110.html

モバイルSEOとは?

モバイルSEOとは、スマホやタブレットなどの端末におけるWEBサイトの検索結果で上位表示させるための仕組みづくりをすることです。

総務省の調査結果から分かるように、モバイル端末ユーザーの数のほうが圧倒的に上回り、これからますますその数が増えていくと見込まれています。

このようなユーザーにおけるネット検索の傾向により、Googleでも「モバイルファーストインデックス」を開始しました。

モバイルファーストインデックスとは、PC端末向けのサイトではなく、モバイル端末向けのコンテツを検索結果においてより高く評価するというGoogleが公式に発表しているアルゴリズムです。

モバイファーストインデックスに向けて:https://webmaster-ja.googleblog.com/2016/11/mobile-first-indexing.html

モバイルSEOの対策をする際のポイント

光の線

PC端末向けのSEO対策を行わなくても良いというわけでは決してありませんが、ユーザー数を考慮するとモバイル端末向けのSEO対策をまず優先的に行う必要があります。

それでは、実際にモバイルSEOの対策をしていく際の手順やポイントについて見ていきましょう。

ポイント①:「レスポンシブ」に対応したWEBデザインを使用する

対策の1つとして、まず「レスポンシブ」に対応したWEBデザインを使用するということです。

レスポンシブとは、閲覧する端末、デバイスの画面サイズに応じてそのWEBサイトの仕様や構成が自動的に変換することです。

WordPressなどでは、このレスポンシブに対応したテーマが数多くあり、それらのテーマを使って、コンテンツ制作をするだけでそれがモバイルSEO対策となります。

とは言っても、モバイル端末にはアンドロイドやiPhone、その他メーカーによって非常に様々な機種があるため、全てのデバイスに対応するわけではありません。

その調整に関しては、手動で行う必要性も生じてくるでしょう。

ポイント②:「動的な配信」をする

「動的な配信」をするということも必要な対策になります。

「動的な配信」とは、同一のURLを使いつつ、PC端末用・モバイル端末用とでそれぞれ異なるHTMLを設定し、配信することを言います。

「動的」な配信をすることによって、ユーザーがサイトを訪問した際に「PC用のサイトがあります。切り替えますか?」という旨の通知が自動的に表示され、それぞれのデバイスに適したものを表示することが可能になります。

モバイルSEOの対策をする際の注意点

カーレース

以上で紹介した2点が主な対策方法となります。

実施にモバイルSEOの対策をする際にはいくつか気をつけなければならないことがあります。

そこで、モバイルSEOの対策をする際の注意点についても一緒に見ていきましょう。

「モバイルフレンドリー」を心がける

対策をする上で、常に考慮すべきことが「モバイルフレンドリー」です。

モバイルフレンドリーとは、ユーザーがスマホやタブレットと言ったモバイル端末を使用し、サイトを閲覧する際の利便性、つまりユーザビリティを意味します。

ユーザビリティを向上させる手段として、ページ読み込み速度の最適化、デザインや構成、フォントや画像のサイズ等に様々な要素があるため、それらについて確認しながら対策を行っていきましょう。

モバイルフレンドリーについて詳しい内容を知りたいという方は、こちらからご覧ください。

モバイルフレンドリーアップデートは、Googleアルゴリズムアップデートの1つです。「モバイルフレンドリーアップデート」とは、モバイル端末に対応しているサイトの順位を上位化するGoogleアルゴリズムのアップデートです。このアップデートに対応したサイトはどう作...

専用ツールで確認をする

ユーザビリティの向上を図るためのフォントやデザイン、構成やデザインの変更・編集というのは基本的に手動で行っていきます。

しかし、目視だけではどれくらいユーザーにとって利便性があるのかを判断することは難しいため、それらを確認することができる専用ツールを使います。

代表的なものとして、「モバイル・フレンドリーテスト」、「Google Search Console」、「PageSpeed Insights」などが挙げれます。

使い方は至ってシンプルとなり、各ツールの検索バーに対象のURLを入力すると、ページの読み込み速度、画面のサイズに適した表示など、ユーザビリティの向上に直結する要素を自動的に分析してくれます。

その分析結果を元にして再度対策を行っていきましょう。

モバイルフレンドリーテスト:https://search.google.com/test/mobile-friendly?hl=ja

Google Search Console:https://search.google.com/search-console/about?hl=ja

PageSpeed Insights:https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/?hl=JA

モバイルSEOとは?注意点やツールについて|まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はモバイルSEOとは何か、成功に導くための対策、注意点、ツールについて紹介しました。

モバイル端末でネット利用をするユーザーが増えてきていることから、これからますますその対策が重要になります。

実際に対策をする際には、以上で挙げたような主に3つの方法がありますが、ユーザーにとっての利便性を常に考慮しつつ、専用ツールを使って対策をしていきましょう。

By


Sponsored Link