リンクジュースとは?仕組みやSEOのための被リンク対策をご紹介

リンクの数が増えると評価が分配していくリンクジュースとは?

>

  • 公開日2019年8月22日
  • 更新日2019年8月22日

SEO対策には様々な手段がありますが、その1つとして被リンク対策は欠かせません。

しかし、ランダムに被リンクページを作れば良いというわけではなく「リンクジュース」を意識しつつ対策を行っていくことになります。

今回は、リンクジュースとは何か?その仕組みやSEOに効果的な被リンク対策の方法について紹介します。

WEB担当者の方は必見となりますので、是非ご覧ください。

SEOに不可欠な被リンク・リンクジュースとは?

電車を待つ女性

SEO対策を行う上で、被リンクとリンクジュースは必要不可欠になります。

これらの施策を効率的に行うには、どのような効果を与えるのかその仕組みを理解する必要があります。

ここでは、SEO対策に欠かせない被リンクとリンクジュースについて紹介していきます。

SEOに必須の「被リンク」

被リンクとは、外部サイトから設置されるリンクを指します。

例えば、あるブログに訪問したユーザーが記事内容に共感して、そのユーザー自身のブログでリンクを付けて記事を紹介するケースがありますが、これも被リンクとなります。

先程も述べましたが、リンクの設置はSEO対策の一環としても非常に重要な役割を担っており、被リンクを受けている外部サイトの「品質」「本数」などが直接的にSEOに影響を与えます。

被リンクの元となる「リンクジュース」

リンクジュースとは、被リンクが行われた際に外部サイトのジュース(評価)がリンク先の対象サイトへ渡ることを意味します。

そもそもジュース(Juice)とは、飲み物として使われる言葉ですが、その他にも英語で「混ぜ合わせる」という意味も含まれます。

つまり、WEBページのリンクを渡って分散されるリンクの「価値」であり、検索結果において上位表示を評価する際の要素の1つなります。

そのため、複数ある外部サイトの被リンクの評価が対象サイトに渡って分散された結果、対象サイトにそれぞれページの価値が混ぜ合わさって1つになることを意味するのです。

「リンクジュース」の仕組みは?

被リンクとは、外部サイトから設置されるリンクを指し、リンクジュースは外部サイトのジュース(評価)がリンク先の対象サイトへ渡ることを指すと説明しました。

それでは、SEO効果も含めてリンクジュースの仕組みについて見ていきましょう。

リンクジュースの仕組み

先程も述べたように、リンクジュースとは複数の被リンクサイトの評価が混ぜ合わさり、1つになった評価を意味します。

複数のコップから1つの容器に注がれた中身の量がその容器、つまりあなたのサイトの評価の指標になるという仕組みになっているのです。

このようにして仕組みを考えると、逆にあなたのサイトから複数のサイトにリンクを貼った場合、あなたのサイトが持つ評価は、貼ったリンクの数だけ分散されてそれぞれのサイトに注がれるのです。

これらの仕組みから言えることは、リンクジュースは被リンクされている外部サイトの「数」と「質」(ページランクの数字)の積と同じなのです。

リンクジュースとページランクの仕組み

リンクジュースを語る上で、欠かせないのが「ページランク」です。

ページランクとは、Googleが示す各WEBページの重要度や品質を示すための指標です。

ページランクは通常0〜10までの数字があり、この数字の大きさがSEO、つまり検索順位を決定するために重要な要素の1つとなります。

※以前はGoogleツールバーで確認することができていましたが、現在は外部公開が停止されており確認することはできません。

効果的なSEOを目指すための被リンク対策

シティスケープ

リンクジュースとページランクの仕組みについて説明しました。

それでは、実際にリンクジュースの仕組みを理解した上で、効果的なSEOを見込むには具体的にどのような対策をすると良いのでしょうか?

ここでは、効果的なSEOを目指すための具体的な被リンク対策のポイントについて紹介します。

ポイント①:特定分野に深く精通した優良サイトをつくる

ポイントの1つとして、特定分野に深く精通した優良サイトを作ることが挙げられます。

Googleは、対象サイトとの関連性が高い外部サイトからの被リンクを高く評価する傾向にあります。

そのため、特定の分野に深く精通した優良サイトを作ることによって、そのサイトへの被リンクは自然と集まって来るのです。

特定の分野に特化した優良サイトを作るには、サイト全体ではなくページ毎にSEO対策を行う必要があります。

特にキーワード選びに関しては、そのサイトの内容に合致しており、なおかつユーザーが興味のあるキーワードをピックアップしてページ作りを行う必要があるでしょう。

ポイント②:質の良いサイトへ発リンクする

発リンクとは、自分のサイトを外部リンクとして対象のサイトへの被リンクを行うことを意味します。

特定の分野に特化した優良サイトを作ることは、より多くのリンク数を獲得し評価の高いリンクジュースを得るためには重要ですが、それだけでは十分ではありません。

多くのリンク数を獲得してWEBページの評価を上げるためには、関連する既存の優良サイトへ積極的に発リンクする必要があります。

発リンクを行ったとしても、直接的に評価を上げることには繋がりませんが、相手サイトから被リンクしてもらうきっかけ作りになります。

自分のサイトと相手サイトが、お互いに被リンクし合うことを相互リンクと呼び、相互リンクをすることでより効率的に評価を集めることができ、結果的に上位表示に繋がると言えるでしょう。

リンクジュースの仕組みやSEOについて|まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、リンクジュースの仕組みや効果的なSEOを目指すための被リンクの方法について紹介しました。

これらの対策をすることによって必ずしもSEO効果が現れるというわけではなく、最終的に上位表示を目指すためには他のSEO対策も必要となります。

しかし、上位表示を見込む上で必要不可欠なことであるということは確かです。

SEOにも大きな影響を与えるWEBサイトの評価を上げるためには、その仕組みを理解した上でただ単に被リンクの数を増やすのではなく、より高品質なサイトからのリンク数を集めましょう。

以上で紹介した内容を参考にしてより実践的なSEO対策をしていきましょう。

By


Sponsored Link