フレーミング効果とは?具体例やビジネスでの活用法についてご紹介

伝え方を工夫するだけで印象が変わる?フレーミング効果を紹介

>

  • 公開日2019年7月22日
  • 更新日2019年7月22日

普段、私達が何かの商品を購入したり、サービスを利用したりする際に、その中身についてしっかりと吟味した上で購入するか判断しているつもりでも、実はそうではないのです。

というのも、意思決定や購買行動にはフレーミング効果という現象が影響しているからです。

しかし、それを逆手に取ればビジネスの場で活用することができます。

そこで今回は、フレーミング効果の具体例やビジネスにおける活用法、注意点について一緒に見ていきましょう。

フレーミング効果とは?

PC

フレーミング効果とは、同じ事柄でも伝え方や表現方法が変わるだけで、印象の受け方が変わるという行動経済学でよく用いられる現象を意味します。

フレーミング効果を表すもっとも代表的な例として、「コップの水」が挙げられます。

満杯の半分の水が注がれたコップを表現する際に、水の量は同じでも「半分しか残っていない」と「まだ半分も残っている」といった表現の仕方によって捉えられ方が異なるのは、まさしくフレーミング効果を象徴的に表しています。

フレーミング効果の由来

フレーミング効果の「フレーム」とは、写真のフレームのような「枠組み」を意味しています。

というのも、同じ風景を撮るにしてもその風景の全体を撮る場合、もしくは一部を切り取って撮る場合ではその写真を見る側の印象の受け方は大きく異なります。

このような意味から由来してフレーミング効果と名付けられました。

フレーミング効果の原理

人間は物事を理解したり感じたりする際に、それぞれのフレームを通して判断します。

そのフレームというのは置かれている環境や状況、その人の性格的特徴によって種類が異なります。

先程の「コップの水」の例でも、喉がカラカラの人がそのコップを見たら「半分しか水がない」と感じることでしょう。

一方で、すでに十分な水を飲んでいる方が見たら「まだ半分も残っている」と感じます。

このように人によって物事の捉え方が異なるのは、それぞれが持っているフレームの種類も異なるからなのです。

フレーミング効果の具体例

フレーミング効果の非常に身近な具体例として挙げられるのが、報道の仕方です。

サッカーや野球、その他スポーツの国際試合の結果を伝える際に、「日本代表がアメリカに勝利」という見出しを使う方が「アメリカが日本代表に敗北」という表現よりも、その報道を見た日本人にとってより良い印象を与えることができます。

このように、事実そのものは変わりませんが、表現の仕方によって与える印象が大きく異なるのがフレーミング効果の最大の特徴となります。

ビジネスにおけるフレーミング効果の活用法や具体例

看板

フレーミング効果はビジネスの幅広い分野において活用されており、それによって消費者の意思決定や購買行動、利益にも非常に大きな影響を与えています。

それでは、ビジネスの現場におけるフレーミング効果の活用法を具体例を含めて紹介します。

活用法①:半額より「無料」の商品タグ

フレーミング効果の活用法としてまず挙げられるのが、アパレルショップなどにおける「無料」タグです。

「〇〇%OFF」や「半額」というタグをよく目にしますが、割引より「無料」という表現に着目して訴求していきます。

例えば、「50%OFF」よりも「1着買ったら2着目無料」というような表現の方が圧倒的に強い印象を与えやすいと言えます。

そのため、あえて「無料」という表記のタグを使うことによって、消費者の目に止まりやすくする必要があるでしょう。

活用法②:単位の細分化や置き換え

商品の内容量、成分等の単位の細分化、もしくは単位の置き換えをすることによってもフレーミング効果を見込むことができます。

例えば、エナジードリンクの成分量について表記する際に、「2gの〇〇配合!」よりも「2000㎎の〇〇配合!」と表記したほうが、同じ内容量だったとしても消費者はお得に感じます。

また、内容量や成分等の単位の置き換えに関して、誰でもわかりやすい単位や表現に置き換えることによって購買意欲をより刺激することができます。

例えば、「レモン3個分のビタミンC配合」と表記する方が、「ビタミン〇〇g配合」と表記するよりも一般人にとってピンと来るかと思います。

活用法③:分割払いの表記

以上で挙げた2つの活用法以外にも、分割払いの表記が具体例として挙げられます。

結果的に支払う金額は同じであっても、支払いを分割払いでも可能にし、なおかつ月々〇〇円のみといった表現を使うことによって、消費者の支払に対する精神的負担というのは軽減されます。

例えば、24万円のパソコンを売る際に、24万円という数値は小さめに表記し、「月々たったの2万円」という表記の仕方が挙げられます。

フレーミング効果を活用する際の注意点

カフェ

フレーミング効果をビジネス等の現場で活用する際には注意点があります。

それは、フレーミング効果を用いたキャッチフレーズや宣伝広告、セールストークをする際には注意すべきことがあります。

全てのケースにおいて当てはまるわけではありませんが、フレーミング効果を活用する際には以下のことに気をつけましょう。

ネガティブワードよりポジティブワードを優先する

フレーミング効果を活用する際にはなるべくポジティブなワードを使いましょう。

例えば、手術を受ける際に「90%の確率で成功しますよ」と「10%の確率で失敗します」という表現を比べると、前者の方が当然良い印象を受け、安心感が生まれますよね。

どちらの意味も同じですが、「成功」というポジティブな表現を使うことによって良い印象を与えることができるのです。

また、医薬品などのパッケージの記載に関しても同じことが言え、効能を大きく表示し、副作用などを小さく表示することによってその医薬品を実際に使う際の抵抗が軽減されます。

フレーミング効果について|まとめ

今回は、フレーミング効果の意味やビジネスにおける活用法や注意点について詳しく紹介しました。

フレーミング効果とは、表現の仕方や伝え方によって同じモノでもその捉え方が異なるという現象になり、ビジネスの現場において上手く活用することによって、より効果的な集客や利益を期待することができます。

しかし、実際にビジネスの現場で使う際には表現の仕方をポジティブな表現を用いるという注意点を意識する必要があります。

以上で挙げた3つの活用法以外にも様々な活用法があるため、フレーミング効果の意味や原理をしっかりと理解した上で、上手に活用しましょう。

By


Sponsored Link