今注目のデータドリブンとは?マーケティングにおける活用法をご紹介

効果測定などのデータを基にアクションを起こすデータドリブンとは?

>

  • 公開日2019年7月15日
  • 更新日2019年7月15日

あらゆる産業分野での技術発達に伴い、消費者の購買行為の形態が変化し、以前よりも複雑になっています。

その結果、従来のマーケティング手法では対応しきれない問題が出てきています。

そこで、今注目を集めているのがデータドリブンマーケティングです。

「データドリブンって何?」「具体的にどのように実践するの?」という方のために、データドリブンの意味や実践方法のステップ、便利ツールについて紹介します。

データドリブンとは?

図書館

データドリブンとは、複数の膨大なデータに基づいて分析や判断など様々なアクションをすることです。

データドリブンは、主にマーケティングの現場で活用され、売上データや顧客データなどの膨大なデータを分析・判断して、その結果をもとに実践的なマーケティング戦略を立てます。

このように、データドリブンを活用したマーケティング手法を「データドリブンマーケティング」と呼びます。

データドリブンマーケティングの重要性

従来のマーケティングにおいても、データに基づいた分析・判断・アクションは行われていましたが、近年では、より膨大なデータを用いたデータドブリンマーケティングが注目を集めています。

その主な理由として、①「ビッグデータやデジタルマーケティング技術の発展」「顧客の行動の複雑化」という2つの理由が挙げられます。

通常のデータ管理・処理ソフトでは、扱え切れない程の膨大で複雑なビッグデータが、IT技術やデジタルマーケティング技術の発展に伴い活用できるようになりました。

また、IT技術の発展と同時に顧客の行動も複雑化しきており、以前よりもより多くのデータを分析する必要性出てきたため、データドブリンの概念がマーケティングの現場において注目を集めているのです。

データドリブンマーケティングの実践方法

ポートレート

データドリブンマーケティングを活用することで、より明確で具体的なアクションを起こすことができるでしょう。

ここでは、実際にデータドリブンマーケティングの実践方法を4つのステップに分けて紹介していきます。

ステップ①:データの収集

データドリブンマーケティングの第1ステップは、データの収集です。

手当たり次第にマーケティング関連のデータを集めるのではなく、「最終的に必要な情報」を意識しつつ、事前に重要なデータの内容についてリストアップしておきましょう。

もちろんデータの収集をする際には、ビッグデータにも対応できるソフトウェアやデジタルマーケティング技術を用います。

そして、必要なデータが集まってきたら実際に活用できるようにデータの管理、整理整頓を行いましょう。

ステップ②:データの見える化

次のステップは、収集したデータを見える化することです。

データドリブンマーケティングにおいて、データの可視化は最も重要なステップとなります。

従来のマーケティングにおいては、収集したデータを活かしきれていないという欠点がありました。

そのためデータドリブンマーケティングでは、よりデータの可視化に重点を置き各種データの意味や数値等を明確にしていきます。

ステップ③:分析・行動プランの検討

このステップでは収集・可視化したデータを分析し、実際にアクションプランの検討をしていきます。

データドリブンマーケティングを実践する上では、マーティング担当部署の人間はもちろんのこと、「データサイエンティスト」「アナリスト」「データーティスト」と呼ばれるデータ分析のプロと呼ばれる人材が必ず必要になります。

そして、「いつ・どのように・何をするのか」といった行動プランの検討や企画を行います。

ステップ④:行動プランの実行

そして、次は行動プランを実行していきます。

デジタルドリブンマーケティングの最終段階のポイントとしては、いかに効率的に行動プランの実行に移せるかどうかになります。

マーケティングチームの規模が大きければ、それだけ実行までに時間を要するため、いかにしてチーム内全体にデジタルドリブンの概念を認識させることができるか、様々な人材で結成されたチームを統率し動かしていけるかが肝となります。

つまり、データの収集・可視化をするための「人材」や「ツール」、そして実行するための「組織力」「統率力」の4つの要素がデータドリブンマーケティングに必要不可欠な要素となるでしょう。

データドリブンマーケティングのための便利ツール

ネオン

データドリブンマーケティングを進める上で、支援してくれる便利なツールがいくつかあります。

ここでは、データドリブンマーケティングを実行する際の便利ツールについて2つ紹介します。

ツール①:CRM

データドリブンマーケティングの第1〜3ステップにおいておすすめのツールとして「CRM(カスタマーリレーションシップマネジメント)」が挙げられます。

CRMとは、外部企業や企業内部のビッグデータを一度に照合してデータの収集・分析やマーケティング施策につなげるためのツールとなります。

主にWEBマーケティングや顧客の獲得といった分野において、幅広く使用されているツールです。

CRMは、広範囲のビッグデータの分析が行えて直接的にアクションにつなげられることがCRM最大の強みとなります。

CRMの代表的なツールは次のようになります。

Salesforce:https://www.salesforce.com/jp/

Senses:https://product-senses.mazrica.com/

ツール②:WEB解析ツール

WEB解析ツールは、データドリブンマーケティングを行う上では必須となります。

WEB解析ツールでは、主にWEBマーケティングに特化したツールで、自社サイトにおけるユーザーの行動や検索エンジンの結果を分析・可視化することに長けています。

主にWEB上における顧客の行動を把握する時に欠かせないPV(ページビュー)やセッション数、ページの表示回数などを可視化することができます。

主なWEB解析ツールとして、GoogleアナリティクスなどGoogleサーチコンソールなどがありますが、その他にも様々なツールがあるため目的や用途に合わせて活用すると良いでしょう。

WEB解析の代表的なツールは次のようになります。

Googleアナリティクス:https://marketingplatform.google.com/intl/ja/about/analytics/

Googleサーチコンソール:https://search.google.com/search-console/about?hl=ja

データドリブンについて|まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、データドリブンの意味や実践方法のステップ、便利ツールについて紹介しました。

データドリブンマーケティングの実践ステップとしては、①データの収取・②データの見える化・③分析・行動プランの検討・④実行という4段階になります。

データドリブンマーケティングを行なう際には、ビッグデータを収集・分析するためのツールや人材に加え、マーケティングチームを動かしていく統率力や組織力という要素も必要不可欠になります。

以上で紹介したことを参考に、ぜひ企業や組織において効率的にデータドリブンマーケティングを活用していきましょう。

By


Sponsored Link