SEOにおいて重要なタイトルタグ!その効果的な書き方とは?

SEOの基礎となるタイトルタグとは?役割や作り方を紹介!

>

  • 公開日2019年7月3日
  • 更新日2019年7月18日

タイトルタグとは、WEBページのタイトを決める時に使われるタグのことで、SEOにおいて重要な要素の1つです。

SEOに効果があるタイトルタグというのは、クリック率にも大きく影響を与えるためSEOにおいてとても重要になります。

そこで当記事では、タイトルタグについて、SEOに効果的なタイトルタグの書き方について紹介します。

タイトルタグとは

本棚

タイトルタグとは、WEBサイト名やWEBページ名にタイトルを記述するHTMLのタグの1つです。

タイトルタグとは、ブラウザでページを開いている際に、タブに表示されたり様々な所で使われます。

タイトルタグに設定した内容は、これからWEBサイト・ページを訪れるユーザーや既に訪れたユーザーに対して、WEBサイト・ページの内容をわかりやすく表すものとなります。

タイトルタグが及ぼすSEOへの影響

花束と本

タイトルタグは、SEOへ大きな影響を及ぼします。

なぜなら、そのページをアルゴリズムが評価する際、タイトルタグに書き込まれたテキストがそのページを適切に説明しているかどうかを見るからです。

ページに適していない文章が設定された場合、順位が大きく下がる可能性があると言えるでしょう。

タイトルタグの文字数

海

タイトルタグの文字数は、パソコンとスマートフォンで変わります。

パソコンの場合は30〜35文字程度となり、スマートフォンの場合は36〜41文字程度となります。

パソコンやスマートフォン両方のユーザーから見やすいタイトルタグを作るには、35文字以内にすると良いでしょう。

メディアエクシードでは、タイトルタグの文言が検索結果の途中で切れないように、文字数24〜32文字を推奨しております。

タイトルタグの付け方

ストリート

では、タイトルタグはどのように付けるのでしょうか?

タイトルタグの効果的な付け方について紹介していきます。

タイトル要素

メディアエクシード

効果的なタイトルタグのHTMLは、次のように記述していきます。

<title>文章のタイトルを入れる</title>

検索結果にはタイトルとその下に説明文(ディスクリプション)が表示され、ユーザーはその部分を見てそのサイトを閲覧するかどうかを決めると言えるでしょう。

ディスクリプションについての詳しい内容は、こちらをご覧ください。

検索結果が表示される際、タイトルの下の文章をディスクリプションと言います。ディスクリプションの役割とは何でしょうか?どのようなディスクリプションが効果的で、クリック率を上げるのでしょうか。ここではディスクリプションについて、また効果的なディスクリ...

なぜタイトルタグの最適化が重要か

タイトルタグを最適な文章にすることで、様々なメリットがあります。

ここでは、なぜタイトルタグの最適化が重要なのかについて紹介していきます。

Googleの検索順位で評価される

タイトルタグを最適化すると、検索順位に大きく評価されます。

なぜなら、Googleは検索順位を上位表示する上でタグを重要視しているからです。

外部サイトから被リンクがもらえるようになる

内容が素晴らしく内容を表す文章が魅力的な場合、SNSやFacebook、Twitterなどでシェアされやすくなります。

記事の文章に興味を惹かれ、SNSなどでリンクを共有した経験が一度はあるかと思います。

被リンクを外部のサイトから得ることができれば、検索順位にい良い影響を及ぼすでしょう。

タイトルタグの作り方

雨

タイトルタグは、SEO効果を見込むにはとても重要となる要素です。

タイトルタグで使う文章の作り方については、次のような手順に沿って文章を決めていきましょう。

ステップ①:タイトルになるベースの文章を作る

作成するコンテンツで何を書きたいのか端的に表す文章を作りましょう。

例えば、「2019年」「大人気ミュージック」「20代」のキーワードを使ってコンテンツを作成すると仮定します。

それを合わせると「2019年の20代の中での大人気ミュージック」というように表すことができます。

上記の文は、文章としては成立しますが、更に層を絞っていきます。

そこで次の作業に入ります。

ステップ②:具体的にする

次に先程決めた文章を具体的にわかりやすくしていきます。

先程述べた「2019年の20代の中での大人気ミュージック」に、「J-POP」という要素を付け加えます。

そうすると「2019年の20代の中でのJ-POP大人気ミュージック」という文章になっていきます。

具体的にはなりましたが、これではいまいち読みづらいですよね。

ステップ③:簡単にする

そこで、先程述べた文を分かりやすい文章にするために簡素にまとめましょう。

そうすると「2019年・20代向けの大人気ミュージック」となります。

そこから更に興味をひくような構文に変えていきます。

そして「【2019年版】20代向け!大人気ミュージック・J-POP編」というような文章になっていきます。

文章を簡単に目立つようにまとめると、ユーザーはより目に入りやすくなり興味につながると言えるでしょう。

SEOに効果的なタイトルタグ

本

タイトルタグは、SEOの検索順位に大きい影響をもたらします。

それでは、SEOに効果があるようなタイトルタグはどのように付ければ良いのでしょうか。

ここでは、役に立つタイトルの文章のポイントについて紹介していきます。

ポイント①:ユーザーの興味を惹く

ユーザーの興味を惹くタイトルタグを付け、クリック率を上げます。

クリック率とは、インプレッション(表示回数)に対して、リンクがクリックされた割合を数値に表したものです。

クリック率は、検索順位に影響するため、ユーザーが気になるようなタトルタグを設定しましょう。

ポイント②:上位表示させたいキーワードを必ず入れる

上位表示させたいキーワードを必ず入れます。

上位にしたいキーワードを前方に含めると、SEO対策としてとても有効なタイトルタグを設定できます。

ポイント③:サブキーワードを加える

サブキーワードは、メインキーワードのサジェストなどを参考にすると良いでしょう。

文章を決める際は、検索クエリとの関連性を高めたタイトルタグを設定する必要があります。

文章にサブキーワードを入れることで、検索にヒットされやすいタイトルタグになります。

ポイント④:記号を使って目立たせる

文章に【】や《》などを使う事で、よりユーザーの目を引く事ができます。

例えば「【2019上半期】おすすめのベストコスメ10選!」という文章は目立ちますね。

上位に並んでいるページが、どのような工夫をしているかを参考にして取り入れると良いでしょう。

タイトルタグ設定

ノート

検索結果でユーザーにクリックしてもらえるような文章には、どのようなキーワードが設定されているでしょうか?

ここでは、ユーザーの目を惹きやすいキーワードについて紹介します。

地名

例えば、タイトルに「新宿のおすすめランチ10選」などと地名を入れるだけで検索結果に出るページの数が減ります。

つまり、競合であるライバルが減るということです。

検索結果の1ページ目に入るためには、上位10位以内にいる必要があります。

そのため、文章に地名を入れて競合であるライバルを減らしましょう。

数字

例えば2つのタイトルを比較した時に、どちらのタイトルの方がユーザーに気になってもらえるのでし ょうか?

①「このダイエット器具を使えば痩せる!」

②「このダイエット器具を使えば1ヵ月で5kg痩せる!」

この2つだと、より後者の方がどんな手段を使うか気になりませんか?

数字は、ユーザーの興味を惹くテクニックの1つであり、数字を入れることによってより読者の想像力を引き立たせる効果があるでしょう。

便利性

例えば、以下のような言葉は、ユーザーにとってどのような印象を与えるでしょうか?

「簡単」「手軽」「わかりやすい」「初心者にオススメ」

といったように、便利性をアピールした文章は、ユーザーに興味を持たれやすいのです。

また、先程述べた数字を入れるテクニックと掛け合わせて「3分でわかる〜」といった文言を入れていくこともおすすめでしょう。

疑問系

ユーザーに対して、疑問を投げかけるような言葉であれば、ユーザーの目を惹くことにつながるでしょう。

例えば、「~とは?」「なぜ~なのか?」「どうして成功するのか?」といったように、検索ユーザーに対して「答えを知りたい」という感情を呼び込むことでコンテンツの集客につながるでしょう。

理由

例えば「今人気のプチプラコスメは?」といったタイトルですが、こちらも疑問系と同じくユーザーの知りたい欲求を刺激するものとなります。

先程述べた例文では、理由・数字・理由といった3つのキーワードテクニックを盛り込むことによって、クリック率の増加を図ることができるでしょう。

文章を改善する方法

「タグを決めたはいいもののなかなかいい結果がでない…」という時は、どのような対策を練れば良いでしょうか?

ここでは、タグの文章を改善する方法について紹介していきます。

方法①:サーチコンソールでクリック率を確認する

自分が決めたターゲットキーワードにリーチできているかどうか、クリック率は十分高いかどうかを確認することが大切です。

リーチできているかどうかを確認するにはまず、前提としてヒットキーワードの選定ができている必要があります。

平均値を参考にして、改善していきましょう。

方法②:タイトルタグの重複を避ける

ページを大量生産してしまうと設定が雑になってしまい文章が重複してしまう場合があります。

同じサイトに同じタグがあると、サイト全体の価値を下げることになってしまう可能性があります。

また、ディスクリプションの重複にも気を付ける必要があります。

悪意がある重複でない場合、スパムと判断される事はありませんが、ユーザビリティの高いサイト作りを心掛けるならば気を付ける必要があります。

ユーザーにとって有益となるサイトを作るために、設定した文章の重複には気を付けましょう。

タイトルタグとクリック率

タイトルタグとクリック率には、大きな関わりがあります。

2017年にInternet Marketing Ninjas社が、公開したクリック率のデータで順位とクリック率の関係が研究されています。

結果は、以下の通りです。

2017年クリック率データ

引用:https://imninjas.com/additional-resources/google-ctr-white-paper.htm

上記のデータから、検索順位で上位に入るサイトは常にクリック率が高いことが読み取れます。

ユーザーにクリックされるようなタイトルにすることで、自然検索からの流入が見込まれ、検索順位の上位化にもつながるでしょう。

上位を目指すには、効果があるようなタイトル設定を行うこと何より重要となっていきます。

SEOにおいて効果的なタイトルタグ|まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、タイトルタグの役割やSEOにおいて効果があるようなタイトルタグの作り方について紹介しました。

タイトルタグとは、HTMLタグの一種となりページの概要を最も分かりやすく表す文章になります。

興味を引く事ができるタイトルタグを付けることができれば、ユーザーに興味を惹きつけ、クリック率をあげることにつながります。

コンテンツを作っていく際は、タイトルタグのSEOの効果を理解した上で、タイトルタグの最適化を行いましょう。

By


Sponsored Link