オウンドメディアとは?SEO対策や事例についてもご紹介

いまさら聞けない?情報発信に効果的なオウンドメディアについて紹介

>

  • 公開日2019年6月28日
  • 更新日2019年8月22日

オウンドメディアは、WEBマーケティングや集客、情報発信などを行う際に重要な役割を果たします。

しかし、オウンドメディアを作成する際にそもそもどのように作るのか、どのような点に気をつけるべきなのか曖昧な方もいるでしょう。

そこで今回はそんな方のために、オウンドメディアの役割や目的、メリットに加えて、SEO対策を見込んだオウンドメディアの立ち上げ方法を紹介します。

オウンドメディアとは?

ワークスタイル

オウンドメディアとは、自社で所有・運営しているメディアのことです。

一般的には、各企業がユーザーに向けて自社のサービスや商品、その他情報を発信するためのWEBサイトという意味で使われています。

パンフレットや広報誌などの媒体もオウンドメディアの1つではありますが、ここではあくまでWEBサイトを指す用語として紹介していきます。

オウンドメディアは企業に必要不可欠

ユーザーにとって有益な情報や伝えたい情報をコンテンツ化して、広めたいという企業にはオウンドメディアが必須となるでしょう。

近年では、スマホやタブレットなどのモバイル端末の使用が主流となり、企業と顧客との接点が多様化しています。

インターネット上において、ユーザーにとって役に立つ情報を提供し、集客を図るコンテンツマーケティングの台頭もあり、オウンドメディアが活用されることが多くなりました。

そのため、以前までは紙のパンフレットやチラシを使って行っていた宣伝・集客が、現在ではWEBサイトなどのオウンドメディアを通じで行われているため、いかにして効果的なオウンドメディアを立ち上げるかが収益を出す上では重要となります。

オウンドメディアの他に、ペイドメディアやアーンドメディアと呼ばれるメディアがあり、それら3つのメディアを合わせてトリプルメディアと言います。

トリプルメディアについて詳しく知りたいという方は、こちらをご覧ください。

トリプルメディアと言われる3つのマーケティング手法をご存知でしょうか?「どこかで聞いたことあるけど、説明までは…」というWEB担当者やWEBマーケターの方は必見です!本記事では、トリプルメディアとは?3つのマーケティング戦略と特徴などを解説していきます。ト...

オウンドメディアの目的やメリットとは?

海岸

オウンドメディアは、自社や個人が発信するコンテンツを通して、潜在層から顕在層に育成し、最終的には好きになってもらう優良顧客へと育てていくことが目的です。

ここでは、オウンドメディアを立ち上げる目的やメリットについて一緒に見ていきましょう。

その①:ユーザーとの接点をつくる

今や多くのユーザーがインターネットを活用する中で、オウンドメディアは自社の商品やサービスを知ってもらう「入り口」として、ユーザーとの接点をつくることができます。

こうして、今まで商品やサービスを利用しないユーザーとの間にも、「新たな接点」が生まれます。

オウンドメディアがユーザーのニーズにピッタリ合致している内容の場合は、インターネットを通して直接的に潜在顧客の獲得にも繋がるため、企業にとっても効率的にコンテンツマーケティングを行うことができます。

その②:常に利用してくれる顧客を獲得することができる

オウンドメディアを活用する最大のメリットとしては、ユーザーに最新の情報を発信できるということが挙げられます。

そのため、オウンドメディアを活用して継続的に情報を発信し続けることで、そのWEBサイトを継続的に閲覧してもらえるユーザーを獲得をすることができます。

その結果、実際に自社の商品やサービスを利用してくれる顧客の獲得に繋がります。

また、オウンドメディアを通じて顧客の実際の声や評価などを知ることができれば、それが各企業におけるサービスの改善やさらなる顧客の獲得にも繋がるため、非常に効率的に事業を展開することができます。

オウンドメディアを立ち上げる際のSEO対策

写真

オウンドメディアは各企業にとって必要不可欠なものとなっていますが、ただ単に作れば良いというわけではありません。

インターネット上のコンテンツである以上、SEO対策についても気をつけながら立ち上げる必要があります。

ここでは、オウンドメディアを作る際の注意点、SEO対策について紹介していきます。

認知を広めるまでは時間がかかる

オウンドメディアを立ち上げる際にまず気をつける点として、実際に周囲の認知を得るまではある程度の時間がかかります。

オウンドメディアを立ち上げたからと言って、すぐにユーザーは集まらないため、まずオウンドメディア内のコンテンツ数をとにかく増やすことが重要となります。

一般的には、結果が出始めるまでは最低でも約100のコンテンツが必要と言われています。

そのため、途中で諦めずに書き続けるということが、SEO対策をするためにも大事な一歩となります。

SEO対策をしてさらなる効果を目指す

より多くの方に自社が運営しているオウンドメディアを閲覧してもらうには、Googleの検索結果で上位表示する必要があります。

どんなにオリジナリティ溢れる情報を発信していたとしても、ユーザーが求めていないものである限り誰も見てはくれません。

SEO対策のためには、まず最初に目に入るタイトルやディスクリプション内において自社のサービスや商品について簡潔に、わかりやすく紹介する必要があります。

ディスクリプションとは、そのページの全体的な内容を要約し、簡潔にした文章のことを表します。

それらがユーザーの目に留まることによって、検索結果からの訪問者が増え、結果的にユーザビリティの向上やSEO効果にも繋がるでしょう。

オウンドメディアの事例をご紹介

デスクトップ

オウンドメディアを立ち上げる際の注意点やSEO対策についてご紹介しましたが、実際にオウンドメディアを上手く活用している企業の事例を参考にしてみましょう。

ここでは、オウンドメディアの事例となる3つのサイトを紹介していきます。

あしたのシゴトが面白くなるウェブマガジン

明日のシゴトが面白くなるウェブマガジン

人材派遣会社の「株式会社アデコ」が運営する「あしたのシゴトが面白くなるウェブマガジン」をコンセプトに転職や就職の際に役に立つ、仕事に関する様々なピックのコンテンツを発信しています。

若手のビジネスパーソンに向けて「仕事術」「ビジネスマナー」「ライフハック術」など、毎日の仕事に生かせられるような記事が充実しています。

http://careersupli.jp/page/2/

くらしの良品研究所

くらしの良品研究所

「無印良品」を展開している株式会社良品計画では、「くらしの良品研究所」という情報サイトを運営し、料理のレシピや収納や掃除、その他ローカルでのイベント情報等日々の暮らしに役立つ幅広い分野の情報を発信しています。

「感じ良いくらい」をテーマに掲げる良品計画ならではの人々の暮らしに寄り添ったコンテンツが中心となり、自社製品をPRするオウンドメディアを考えている方には、参考になるサイトでしょう。

https://www.muji.net/lab/

ニキペディア

ニキペディア

プロアクティブで有名なガシー・レンカー・ジャパン株式会社の運営する「ニキペディア」は、ニキビに関する情報が豊富に展開され、ニキビに悩む人の情報ニーズを満たせるメディアとなっています。

ニキビなどの肌荒れに悩みを持つ10代~20代の女性をターゲットとして、スキンケアに関するコラムを中心に、月間約90万PVのアクセスを集めるオウンドメディアを代表するコンテンツマーケティングとなります。

この他にも優良なオウンドメディアがたくさんあるため、自社のコンセプトに合致する各企業のオウンドメディアを参考にしてみましょう。

https://nikipedia.jp/

オウンドメディアとSEO対策や事例について|まとめ

いかがでしたでしょうか。

オウンドメディアは、ユーザーに有益な情報や伝えたい情報をコンテンツ化して、広めたいという企業にとっては、必要不可欠となるでしょう。

しかし、ただ作れば良いというわけではなく、ユーザーのニーズに合致したコンテンツを見てもらえるようにSEO対策が必要になります。

そのためにはSEO対策はもちろんのこと、先述で紹介した事例を参考にしながらオウンドメディアの立ち上げに取り組みましょう。

By


Sponsored Link