ドメインとサブドメインの違いとは?SEOのメリットもご紹介

WEB担当者は知っておくべき!ドメインとサブドメインの違いとは?

>

  • 公開日2019年6月27日
  • 更新日2019年8月27日

WEBコンテンツ作成を行っている方であれば「ドメイン」や「サブドメイン」という言葉を良く聞くかと思いますが、それぞれの持つ意味や違いとは、どのようなものなのでしょうか?

そこで、WEBコンテンツを作成する際に知っておくべきドメインとサブドメインの違いやSEOへの影響、メリットについて詳しく紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

ドメインとは?

ビル

ドメインとは、インターネット上においてそのサイトを見つけるための住所のような役割があります。

ドメインは、各WEBサイトページのURLの「http://〇〇」の〇〇の部分を指し、一般的には英語、もしくはローマ字表記となっています。

ドメインは「.(ドット)」によって更に細かく分けられ、例えば「aaa.co.jp」というドメイン名があった場合、一番右の「jp」はトップレベルドメイン、真ん中の「co」はセカンドレベルドメイン、一番左の「aaa」はサードドメインと呼ばれ、それぞれ重要な役割を果たしています。

ドメインの重要性

ドメインは、普段私達がインターネットを利用する際に必ず目にするものですが、その重要性とは何なのでしょうか。

新しくWEBサイトを作成しそれを実際にインターネット上で公開するためには、ドメインとそのWEBサイトのデータを格納するためのサーバーが必要になります。

そのサーバーにもその所在地を識別するための「IPアドレス」という数字の羅列が割り当てられます。

IPアドレスは数字の羅列のみであることから、コンピューターが識別できたとしても私たち人間が識別するのは困難であるため、英語表記、もしくはローマ字表記のドメインを用いて、WEBサイトがどのようなサイトなのかを識別する役割を担っています。

効果的なドメインの作り方

ドメインは、WEBコンテンツ作成者が自由に決めることができますが、何でも良いというわけではありません。

最も一般的なドメインの作り方としては、そのWEBサイトを運営している会社や製品、サービス内容の名称をそのままローマ字表記で使います。

効果的なドメインを作りたいという場合は、より分かりやすく、より短いドメインのほうが識別されやすくなるでしょう。

サブドメインの特徴やドメインとの違いとは?

電気回路

ドメインとは、何なのか、重要性も含めて理解して頂けたでしょうか。

ドメインには、先述で説明したドメインとサブドメインの2種類があります。

ここでは、サブドメインの特徴やドメインとの違いについて一緒に考えていきましょう。

サブドメインの役割

サブドメインとは、ドメインの前に更に「.」を付け加えて生成されるドメインを意味します。

その目的としては、WEBサイトの内容についてより分かりやすく分類するために使用されます。

例えば、大手検索エンジンのYahoo!を例に上げて説明すると、「Yahoo!JAPAN」トップページのドメイン名が「yahoo.co.jp」であるのに対し、同じくYahooが提供している天気予報サイト「Yahoo!天気」のドメインはYahooのドメインの前にサブドメインが用いられ、「weather.yahoo.co.jp」となっています。

また、「Yahoo!ニュース」のサイトは「news.yahoo.co.jp」、「Yahoo!ショッピング」のサイトは「shopping.yahoo.co.jp」となり、このようにサブドメインを用いることで同じ事業者が提供する各種サービスをより分かりやすく分類することができます。

独自ドメインとの違い

独自ドメインとは、WEBサイトをインターネットに公開する上で必要なものとなり、ドメイン登録サービスで取得できるオリジナルドメインのことを表します。

独自ドメインを取得する際には、取得や更新に費用がかかります。

一方で、サブドメインは、複数のサイトを運営する際に用いられることが多く、そのサイト内においてそれぞれのサービスの内容を分かりやすく区別するために用いられます。

つまり、独自ドメインはサイトの作成やそのサイトを探す際に用いられ、同じサイト内で異なるサービスや情報を提供しているページを区別するために用いられます。

このように、サブドメインと独自ドメインは、それぞれ用途や目的に分けて用いられることが大きな違いとなるでしょう。

SEOにおけるドメインとサブドメインの影響やメリット

ビル

独自ドメインやサブドメインのそれぞれの役割や重要性、違いについて理解して頂けたかと思いますが、それらはサイト作成を行う際、SEOに関してどのような影響があるのでしょうか。

ここでは、SEOにおけるドメインとサブドメイン影響やメリットについて紹介します。

独自ドメインはSEOに直接的には影響しない

独自ドメインとSEOには直接的な関係はなく、ドメインによって検索順位に影響を与えることはありません。

これはGoogleが正式に発表しているため、ドメインをどのような文言にするのか、もしくは「.jp」「.com」などのトップレベルドメインを選択するのかに関して、それぞれ優位性はなく、SEOとの関係性はありません。

しかし、ユーザー目線の立場で考えるとより分かりやすく、より短いドメイン名の方が、そのサイトの情報を識別しやすくなるため、サイトのコンセプトに適したドメイン名を作成することをお勧めします。

独自ドメインが直接的にSEOに影響するわけではないですが、よりわかりやすい独自ドメインは、ユーザービリティを上げるため、結果的にSEOにメリットがあると言えるでしょう。

サブドメインは独自ドメインの評価を引き継げる

サブドメインは、独自ドメインの評価をそのまま引き継げるため、メインサイトがSEOの効果が出ていれば、サブドメインの検索順位も上がりやすくなります。

しかし、逆にメインサイトの評価が悪ければ、サブドメインもその影響を受ける恐れがあります。

そのため、第一にメインサイトのSEO対策が必須となり、その次にサブドメインで作ったサイトの対策が必要となるでしょう。

また、サブドメインは1つの独自ドメインの用途や目的別に使い分けることができ、コストを抑えられるというメリットがあります。

ドメインとサブドメインの違いについて|まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、ドメインとサブドメインの違い・それぞれのSEOに対する影響・メリットについて紹介しました。

ドメインは、インターネット上においてそのサイトを見つけるための住所のような役割がある一方で、サブドメインは、同じサイト内で異なるテーマのページを作る際に非常に重要な役割を果たします。

ドメインやサブドメインそれぞれの文字の羅列や作り方が直接的にSEOに影響するわけではありませんが、ユーザビリティを上げるという意味では非常に重要となるため、よりわかりやすく、より短いドメインやサブドメインをつくることを心がけましょう。

By


Sponsored Link