地域により密着したアルゴリズム!ベニスアップデートについて

SEO対策の際に重要なベニスアップデートについて解説します!

>

  • 公開日2019年5月28日
  • 更新日2019年6月10日

ベニスアップデートとは、ユーザーの位置情報に基づいて、検索結果を表示するGoogleアルゴリズムの1つです。

ベニスアップデートは、地域により密着したGoogleアルゴリズムのアップデートです。

SEO対策の際には、非常に重要なワードとなります。

このアップデートで、具体的にユーザーや企業はどのような影響を受けたのでしょうか?

ベニスアップデートについて

ノートとタブレットとコーヒー

ベニスアップデートとは、2015年1月により開始されたGoogleのアルゴリズムのアップデートです。

ベニスアップデートで、地域名無しで現在の位置情報検索ワードから最適な検索結果を表示させることが可能になりました。

ベニスアップデートは現在地情報を参考にしているので、より現在地に最適な情報が表示されます。

ベニスアップデートの検索例

例えば、ユーザーが中目黒駅付近で「エステサロン」というキーワードで検索をすると、中目黒駅を中心としたエステサロンの情報が検索結果に表示されます。

ベニスアップデート前では「エステサロン 中目黒駅」と地域名まで入れて検索をする必要がありましたが、ベニスアップデートにより「エステサロン」だけで中目黒駅の本屋に絞った検索結果を見る事ができるようになりました。

ピジョンアップデートとの違い

ピジョンアップデートは「エステサロン 中目黒」のように検索キーワードに地域名を入れた際に働くアルゴリズムです。

それに対してベニスアップデートは検索キーワードに地域名を入れなくとも現在地情報に基づいた検索結果が表示されるアルゴリズムです。

ピジョンアップデートは現在地情報を参考にしている訳ではないので、地域名はあってても遠い場所が検索上位に来てしまうこともあります。

ベニスアップデートは現在地情報を基に検索結果が表示されているので、より現在地に最適な検索結果が表示されるようになりました。

ベニスアップデートの対象事業

では、ベニスアップデートの対象となる事業はどのようなものなのでしょうか?

店舗で経営している事業はベニスアップデートの対象は以下になります。

・飲食(バー、レストラン、カフェetc)
・美容(美容室、脱毛サロン、エステサロンetc)
・士業(弁護士、税理士、司法書士etc)
・教育(塾、英会話、料理教室etc)
・医療(病院、整骨院、歯科etc)
・地域密着(不動産、鍵修理、クリーニングetc)

逆に地域に関係ないITビジネスWEBサービスはベニスアップデートの影響を受けません。

ベニスアップデートの影響

Google検索の画面

それでは、ベニスアップデートはユーザーや企業にどのような影響を与えたのでしょうか?

ベニスアップデートの影響について見ていきましょう!

ユーザーに与えた影響

ベニスアップデートは、Googleを使うユーザーの中でも特にスマートフォンを利用する人々に向けてのアップデートです。

ベニスアップデートは、出先などで検索する際に大変役に立つアップデート内容です。

現在地情報をもとに検索結果を表示しているので、「同じ地域名でも大分離れたお店が検索結果に出てくる…」なんてことはないでしょう!

企業に与えた影響

デニスアップデートによって、地域に密着した店舗が特に恩恵を受けました。

企業はただ単に商品の紹介を行うだけではなく、より地域に密着したサイト作りが求められるようになりました。

SEO対策

SEOのプロセス

ベニスアップデートによって検索結果が地域によって大幅に変わります。

地域に密着したサイト作りを行えば検索結果の上位に来ますが、何をすれば地域に密着したサイトといえるのでしょうか?

ここではベニスアップデートに対応したSEO対策を紹介します。

hタグやtitleタグに地名キーワード

「自由が丘のカフェ」や「中目黒の美容院」などhタグtitleタグに地名を指すキーワードを入れます。

不自然に詰め込むのではなく、ユーザーが求める情報に応じてキーワードを入れましょう。

地域についての内容

地域に関係した内容を細かく記したコンテンツを書きましょう。

営業店舗なら最寄り駅からのアクセス、不動産物件であれば近くにあるコンビニや学校など、ユーザーが最も求めている地域に関しての内容は何かを考え、コンテンツに入れましょう。

リンクに地名を入れる

外部から地名の入ったテキストリンクを貰えれば、よりアルゴリズムに「地域性のあるサイト」とみなされ検索上位に来ることができるでしょう。

しかし、ペンギンアップデートに引っかからないよう自演リンクなどの不正はやめましょう。

NAPを統一させる

ペンとメモ

NAPとは、
□ Name(名前)
□ Address(住所)
□ Phone(電話)
の頭文字です。


サイト内外で掲載するこの3つの表記(名前・住所・電話)は統一させましょう。

特に社名が英語の場合は、表記が英語になったりカタカナになったりするのは好ましくないです。

住所の表記も統一させましょう。

1-2-3か、1丁目2丁目3丁目か、このような細かな表記も統一させる必要があります。

これには理由があって、Googleのアルゴリズムに同じ会社だと認識してもらう必要があるからです。

NAPが一致していないと、同じ会社だと認識してもらえない可能性があります。

構造化マークアップ

NAPをサイトに明記し、表記を統一させることは重要です。

しかし、ただサイトに表記するよりも「schema.org」を使ってサイトを構造化させる事でよりアルゴリズムに拾われやすく、検索上位を目指せるでしょう。

ランディングページ

複数店舗を構えている会社の場合、地域によって専用のページを作ることで、よりGoogleアルゴリズムに「地域性の高いページ」とみなされ、検索結果の上位に来ることがあります。

Googleマイビジネス

Googleマイビジネスで、自分のウェブサイトとの関連付けを承認します。

登録する際は、上に書いたNAP(会社名・住所・電話番号)はウェブサイトと統一させておきましょう。

ベニスアップデートについて|まとめ

これまでベニスアップデートについて説明してきました。

ベニスアップデートとは、2015年に行われたGoogleのアルゴリズムに関するアップデートです。

ベニスアップデートによって「地域名を入れずに現在地に最も近い検索キーワードに適した検索結果が表示される」ことが可能になりました。

このようなアップデート内容は、移動中にGoogle検索ができるスマホの普及に対応したものです。

べニスアップデートは地域に密着したサイトをより検索結果の上位に表示させるので、地域の事を考えたサイト作りを行う人たちが最も恩恵を受けました。

SEO対策をする際には、ユーザーの事をよく考え地域性の高いコンテンツを作る事が大事です。

By

Sponsored Link