WEBやオフライン上で店舗集客を成功させる12の方法

店舗集客を成功させる12の方法を紹介します!

>

  • 公開日2019年5月16日
  • 更新日2019年8月20日

実店舗の運営を始めたけど、なかなか集客できなくて困っているという企業や個人の方はいませんか?

飲食店や美容院、小売店などを運営する実店舗が、インターネットを活用して集客するケースが増えています。

そこで今回は、WEBやオフライン上で店舗集客を成功させる12の方法についてご紹介していきます!

店舗集客にWEBを活用する理由

店舗紹介する男性

そもそも店舗集客に、WEBを活用する理由って?なんとなく分かってても、本質までは……と思う方が多いかもしれません。

今やインターネットの普及によって、GoogleやYahoo!などの検索窓にキーワードを入力するだけで、瞬時に得られるようになりましたよね。

その影響もあって、オフライン上だけでなく、WEBを使ったオンライン上でも、多角的に集客の施策が行えるようになりました。

また、WEBを活用することで、ユーザーの行動や属性の分析が可能になり、これまで潜在していたユーザーに対しても、アプローチできるようになったのです!

そこで今回は、WEBで店舗集客する方法オフラインで店舗集客する方法、集客する際の注意点などを紹介していきたいと思います。

本記事では、このようなお悩みや課題を抱えた方におすすめです!

□ 集客が上手くいかず、効果的な方法を知りたい
□ 今までとは違う層のお客様を獲得したい
□ WEBやSNSを活用して効率的に集客したい
□ オフライン以外でも集客する方法を知りたい

WEBで店舗集客をする方法

店舗の販促活動

WEBを活用して、ユーザーにアプローチすると言っても、たくさんのアイデアと手段があります。

ここでは、WEBで店舗集客するための6つの方法についてご紹介していきます。

それでは、見ていきましょう!

SEO対策

店舗用のホームページやブログを持って、SEO対策を行うことは、重要な集客方法の1つとなるでしょう。

最近では、PCよりもスマホやタブレットなどのモバイルユーザーが約8割を超え、モバイル向けのコンテンツ需要が増えています。

この流れもあり、Googleは、モバイルファーストインデックス(MFI)を適用して、スマホ向けのモバイルサイトやページも評価対象として、上位表示されるようになりました。

そのため、ホームページやブログを持つ店舗は、レスポンシブ対応にすべきでしょう。

また、ホームページやブログで、記事コンテンツを作成する時、タイトルや本文に周辺地域のキーワードを入れることをおすすめします。

なぜなら、ユーザーが「周辺地域名 ランチ」「周辺地域 美容院」と検索をした時に、ページ表示される露出が増えて、集客効果を見込めるからです。

Googleマイビジネス

株式会社メディアエクシードのマイビジネス

Googleマイビジネスという言葉をご存知でしょうか?

居酒屋の店名や美容院の名前を、Google検索する時、トップページの上部にマップや写真、星付きのレビューが表示されているものを見たことがある方もいらっしゃるかと思います。


Googleマイビジネスとは、Google検索・マップ検索する時に、企業名や個人の店舗名、サービス名といったビジネス情報を表示し、管理できるサービスのことです。

例えば「地域名 店舗名」や「地域名 サービス名」など、ニーズがはっきりしている見込み顧客へのアピールが可能となります。

常連のユーザーや新規のユーザーに対して、露出を増やすことで、実店舗への来客数増加やホームページ・ブログへの流入数増加につながるでしょう!

MEO対策

MEOとは、Map Engine Optimizationの略で、マップエンジンの最適化のことです。

ここで言うマップエンジンとは、Googleのマップ検索のことで、実店舗のローカル検索結果を上位表示する対策をMEOと呼んでいます。

MEO対策とは、先ほどご紹介した「Googleマイビジネス」の関連性・距離・知名度を高める対策のことです。

そこで、MEO対策の具体例は以下になります。

□ Googleマイビジネスで店舗情報を更新する
□ Googleマイビジネスの有益な写真枚数を増やす
□ Googleマイビジネスの口コミやレビューを集める
□ Googleマイビジネスに紐付けされたサイトの最新情報を発信する
□ Googleマイビジネスの紹介文に特定キーワードを入れる

MEO対策は、まだしっかりと対策が出来ている企業や個人の方は少なく、場合によっては、SEO対策よりも効果を期待することができるでしょう!

Googleストリートビュー

Googleストリートビューとは、Googleのマップ内になる機能で、世界中の建物や店舗などを360度見渡すことができるサービスのことです。

このサービスの屋内版を使うことによって、今まで外観でしか見れなかった店舗や施設を、より魅力的に紹介することが可能となります。

店舗や施設の中を360度見ることができ、店内の内観や雰囲気などを確認することができれば、来店への訴求力を高められるでしょう!

Googleストリートビュー・MEO対策についての詳しい内容は、こちらからご覧ください。

こんにちは、メディアエクシードです。皆さんは、Googleストリートビューを使用したことはありますか?Googleマップ内に搭載されている機能で、マップ上をまるで歩いているかの様な間隔で景色を見ながら目的地に向かう事が出来る機能です。そんな便利なGoogleストリ...

SNS広告

SNSでの集客

SNSの活用は、飲食店や美容院、小売店などを運営する実店舗の情報を発信する手段として、有効な手段の1つです。

では、なぜSNSを活用して広告を配信するのでしょうか?


SNS広告の最大の特徴として、市場を細分化し、特定のユーザーに向けてアプローチを行うことができます。

ユーザー登録されている基本情報に基づいて、ターゲットを絞り、より精度の高い広告を配信することが可能となるのです。

実店舗の情報を発信する手段として、主要となるSNSは、以下の4つになります。

Facebook

Facebookを活用する場合、他のSNSと比べて長文の投稿ができるため、より詳しい情報を載せることが可能です。

また、広告料金も100円から出稿でき、低コストで始められる点が特徴でしょう。

Twitter

Twitterの場合は、投稿字数の制限が140文字となりますが、リツイートやいいねなど2次拡散する可能性が高く、不特定多数のユーザーに情報発信したい時に効果的です。

Instagram

Instagramの場合は、写真や動画をメインとしたSNSで、店舗の外観や内装などの雰囲気を視覚的に宣伝できる点が特徴です。

また、広告料金も100円から出稿でき、若い年齢層を中心に集客することができます。

LINE@

LINE@の場合は、情報の拡散ではなく、LINE@に登録して頂いたユーザーへ直接メッセージを送ることできます。

会員クーポンやアンケート機能を活用して、顧客とコミュニケーションが取れる点が特徴です。

リスティング広告

リスティング広告とは、GoogleやYahoo!などの検索結果のページに表示されるテキスト広告のことです。

ユーザーが求めるキーワードやユーザーの位置情報に応じて広告表示されるため、ターゲットを絞ってピンポイントでサービス訴求することができます。

リスティング広告とは、検索連動型広告とも呼ばれ、ユーザーがいる地域によって、配信地域を限定できることが特徴です。

一方で、第三者のサイトやページの広告枠に表示できるディスプレイ広告という配信方法もあります。

店舗集客において、予算に余裕があり広告費をかけて、プロモーションを行っていきたい企業・個人の方にはおすすです!

オフラインで店舗集客する方法

複数の仕事をこなす男性

先程までは、WEBを使ったオンライン上での集客方法について、ご紹介しましたが、オフラインでも来店数を伸ばすことができます!

ここでは、オフラインで店舗集客するための6つの方法についてご紹介していきます。

では、引き続き見ていきましょう!

チラシ配り・ポスティング

最も一般的な集客方法と言えば、チラシ配りやポスティングになるでしょう!

昔から行われている集客方法の1つで、実店舗の周辺にターゲットを絞って配布するため、精度の高いアプローチが可能になります。

そのため、一定の反応率を見込むことができ、チラシのキャッチコピーに目を奪われるユーザーも少なくないでしょう。

これから、新規顧客の開拓や既存客に対しての告知に最適と言えます。

イベント・セミナー

ユーザーにとって、興味がありメリットとなるイベントやセミナーを開催し、集客するのも1つの手段です。

自発的に集まった人たちとの交流を通して、信頼関係を築き、商品や店舗の魅力を伝えることができます。

集客力を高める企画やコンテンツを入念に準備することが、イベント・セミナー集客を成功させる第一歩につながります!

看板・のぼり

実店舗を知ってもらうための看板やのぼりは、効果的な集客方法となります。

飲食店や美容院、小売店などを運営する実店舗が、何を売っている店舗なのか、どのような人に向けた店舗なのかを明確にしなければ、うまく集客することはできません。

そこで、目に留まるキャッチコピーの看板やのぼりを活用することで、通行する人たちに興味を持ってもらえる機会となるでしょう!

ダイレクトメール・FAX

ダイレクトメールやFAXは、対象となるユーザーに対して、確実にアプローチすることができます。

特に一度来店して頂いた顧客に対して、細やかなメッセージを入れるなど少しの工夫をすることで、また来店する理由にもつながります。

ダイレクトメール・FAXを送る頻度は、注意を払わなければいけませんが、効果的な集客方法と言えます。

テレアポ

テレアポは、断られることを前提として、電話をかける精神的な強さが大切です。

数をこなすことで、ユーザーが求める内容を徐々に引き出すことができ、成約へとつながる可能性があるでしょう!

テレアポは、主に高額なサービスや商品に有効な集客方法の1つとなります。

成功のポイントは、短い時間で、簡潔にセールストークをする必要があります。

ちなみに弊社メディアエクシードでは、テレアポは行っておりません!(笑)

集客する時の注意点

SNSの繋がり

ここまで、WEB上とオフラインで店舗集客する方法について、ご紹介しました!

しかし、集客する時には、いくつかの注意点があります。

今後、実店舗を運営する企業や個人の方が、集客のプロモーションを行う前に、ブランドイメージを認識しておく必要があります。

例えば、誹謗中傷などの風評被害や炎上した状態で、広告プロモーションを行ったとしても、逆にイメージが悪化してしまう可能性が高いです。

ブランドイメージがきれいな状態で保たれていると判断した時に、プロモーションを行うことで、効果的な集客が期待できるでしょう。

SNSや口コミなど、過剰な表現で拡散を狙うと、炎上や低評価につながる恐れがあるため、広告プロモーションを行う時は、十分に気をつけて発信しましょう!

WEBやオフライン上で店舗集客を成功させる12の方法|まとめ

以上、WEBやオフライン上で店舗集客を成功させる12の方法を、ご紹介しました。

中には、色々試したけど「自分たちでは、効果的な集客方法を見つけられない!」そんな実店舗をお持ちの企業・個人の方は、集客コンサルティングを利用してるケースがあります。

弊社メディアエクシードでは、そんな問題を解決できる多数のサービスを取りそろえております!

弊社の集客コンサルティングをご活用して頂けるメリットとしては、以下になります。

□ 店舗集客の実績やノウハウを保有している
□ 実店舗の現状を分析し、効果的な集客方法を提案できる
□ トレンドリサーチや競合調査及び、分析ができる
□ 状況に応じて、適切な多数のサービス提案ができる

詳しくは、弊社メディアエクシードのお問い合わせページよりご連絡ください!

お問い合わせはこちら


By


Sponsored Link