YouTube外注時に知っておきたい動画編集者の探し方とは?

YouTube外注時に知っておきたい動画編集者の探し方とは?のページです。

>

YouTuberの増加により、動画業界へ非常に大きな注目が集まっています。その結果、個人事業主や企業の中には、自分で動画を編集することなく、すべての運用作業を完全に外部へ委託する人が増えてきました。

もし、あなた自身がYouTube動画のチャンネルを作成し、動画編集やアップロードなどの一定の作業ができるのであれば、外注化を視野に入れていくことをおすすめします。なぜなら、1日の時間を大幅に節約できるからです。YouTubeチャンネル運用時に、下記の悩みをもったことはありませんか?

  • 動画を編集するには、高額なツールを購入しなければいけない・・・。
  • 動画の編集作業に追われて、普段の仕事がまったくできなくなった・・・。
  • 編集技術が低く、なかなかアップロードできない・・・。
  • 想像していたよりも、動画の編集が向いていない・・・。

上記のような悩みを抱える方は、優れた動画編集者を探して、YouTubeチャンネルの運用を代行依頼しましょう。今回は、YouTube動画の外注時に知っておきたい動画編集者の探し方をご紹介します。

YouTube動画の外注化体制に向けての事前準備

YouTube動画の外注化体制に向けての事前準備

YouTube動画の外注化は、自分自身が想像しているよりも簡単ではありません。外注化体制を整えるには、一定の準備が必要となります。ここでは、YouTube動画の外注化に向けてどのような準備が必要となるのかを確認していきます。

動画がアップロードされるまでの流れ

まずは、YouTube動画がどのような流れを経てアップロードされるのか、その流れから理解していきましょう。具体的な流れは、下記の通りです。

  • ステップ1:動画の構成を決定する。
  • ステップ2:構成に沿って、撮影を進める。
  • ステップ3:動画データで使用可能な部分を整理する。
  • ステップ4:社内の共有フォルダへ移動する。
  • ステップ5:動画編集者が音声やテキスト、流れを調整する。
  • ステップ6:インパクトのあるサムネイル画像を作成する。
  • ステップ7:社内チームで最優確認を済ませる。
  • ステップ8:修正が必要な場合は、即対応する。
  • ステップ9:完成した動画をアップロードする。
  • ステップ10:動画のバックアップを作成する。

企業が公式サイトでYouTube動画を公開するのであれば、最低でもこのような流れが必要となります。アップロードまでの流れを理解することで、どこまで外注化するのかということを簡単にイメージしやすくなります。

報酬単価を決定する

YouTube動画の作成を外注するには、一定の予算が必要です。そのため、動画編集者を探す際は、動画1本あたりの報酬単価をあらかじめ決めておきましょう。委託先の報酬単価の形式は、大きく2つに分類できます。

  • 固定報酬
  • 時給報酬

固定報酬の場合、どれだけ長編動画でも支払う報酬に変動がないため、非常にお得です。しかし、短編動画の場合でも、同一報酬となるため、その点を含めて料金設定が必要です。

一方で、時給報酬の場合は、動画編集者の労働時間で報酬が変動します。もし、信頼できる動画編集者が見つかった場合は、時給報酬でも問題ないのかもしれません。どちらが良いとは断言できませんが、お互いが納得する形で話を進めていくと良いでしょう。

YouTube動画の動画編集者の探し方とは?

YouTube動画の動画編集者の探し方とは?

外注化する作業と報酬単価の形式を決定したら、動画編集者を探しましょう。一般的に、動画編集者は、下記の場所で見つけられます。

  • クラウドソーシング
  • SNS
  • 動画編集部門のある制作会社

基本的には、上記の3つの場所で優れた動画編集者を採用します。それぞれに、採用時の注意点がありますので確認していきましょう。

クラウドソーシングで動画編集者を探す

近年、副業人口の増加とともに注目度を高めているのがクラウドソーシングと呼ばれる外部委託サービスです。クラウドソーシングでは、仕事を依頼したい人と受注したい人がマッチングします

非常に低価格で動画制作を依頼できますが、コミュニケーションや動画の品質に問題が発生するケースが多く、優れた動画編集者を見つけることは決して簡単なことではありません。ただし、コストを極限まで下げたいという方におすすめです。

SNSで動画編集者を探す

インフルエンサーの増加により、SNSなどでも動画編集業務の依頼ができるようになりつつあります。知名度の高いインフルエンサーのもとで仕事をしており、一定の信頼性がある場合は、仕事を依頼してみても良いかもしれません。

ただし、優良な動画編集者ほど仕事が集まりやすく、新規でのYouTube動画の編集業務を受注していないケースも多いです。

動画編集部門のある制作会社で動画編集者を探す

一番お勧めなのは、動画編集部門のある制作会社へ動画の編集業務を依頼するという方法です。もちろん、個人へ依頼するよりも一定のコストがかかりますが、動画の品質に一定の約束がされます。

特に、法人企業がYouTube動画で集客していくのであれば、動画の品質やスムーズなコミュニケーションが約束されなければ、外注化体制を整えることはできません。ある程度の予算がある場合は、動画編集部門のある制作会社への依頼を検討しましょう。

YouTube動画編集者の具体的な採用のポイントとは?

YouTube動画編集者の具体的な採用のポイントとは?

仕事を多く抱える動画編集者には、いくつか特徴があります。具体的に、どのような特徴を持った方なら採用すべきなのか、そのポイントについて確認していきます。

24時間以内にメールや電話の返答がある

こちらが連絡してから24時間以上連絡がない方は、信用すべきではありません。なぜなら、返答がなければ、メールや電話の内容が届いているのかどうかを判断できないからです。そして、緊急対応が求められる状況下で、非常に困ることになります。

優れた動画編集者は、メールや電話で連絡すれば、すぐに返答してくれます。意外とコミュニケーションがとれない方が多いため、メールや電話による返答が遅ければ、仕事の発注をやめておきましょう。

実績を開示できない

YouTube動画の編集業務を外注化するのなら、必ず実績の開示を要求してください。信用性の高い方なら、何かしらの実績を開示できるはずです。「実績を開示することはできない。」と頑なに伝えてくる場合は、そもそも実績がない可能性が高いです。外注化体制を失敗に終わらせないためにも、他の動画編集者を探してください。

勝手に作業を進めてしまう

よくありがちなのは、外注先に「こうすれば良いと思ったので、先に進めました。」と思い込みで作業を進められるケースです。一見すれば積極性があるようにも思えますが、トラブルの原因になりやすいです。

最悪の場合、すべての動画編集業務をやり直してもらわなければいけなくなります。そのため、何か作業をするたびに報告してくれる動画編集者を採用してください。

制作会社との協力でYouTube動画の外注化体制を整える

制作会社との協力でYouTube動画の外注化体制を整える

もし、YouTube動画の外注化を検討しているのであれば、弊社の動画編集部門へ仕事を依頼してみませんか?チャンネル開設から撮影、動画編集に至るまで、すべて委託できます。「チャンネルを運営しているけれど、視聴回数が増えない・・・。」という方は、チャンネル運用代行サービスをご利用ください。

すでにアップロードされた動画の修正やチャンネル構造の改善、運営方針を含めてサポートさせていただきます。

Sponsored Link