サジェスト機能とは?Google検索の仕組みとSEO対策の活用法

サジェスト機能を徹底解説!Google検索の仕組みとSEO対策も

>

  • 公開日2019年5月14日
  • 更新日2019年8月20日

最近、LINEアプリでも追加された「サジェスト機能」ですが、「そもそもサジェスト機能ってどんな機能?」と疑問になる方も多いかと思われます。

サジェスト機能とは、Google・Yahoo!などの検索窓にキーワードを入力した時に、関連性のあるキーワードが自動的に予測変換する機能のことです。

今回はそんなサジェスト機能の仕組みやSEO対策でコンテンツ作成の活用法について解説していきます!

サジェスト機能とは?

Yahoo!とGoogleのサジェスト機能


冒頭でも述べましたが「サジェスト機能」とは、Google・Yahoo!などの検索窓に調べたいキーワードを入力した時に、関連性のあるキーワードが予測変換され、自動的に表示してくれる機能のことです。

和訳すると「サジェスト」=「提案する」となり、検索キーワードの候補を提案するという意味になります。

さらに詳しく説明していくと、Google・Yahoo!などの検索窓で、多くの人が検索しているキーワードが、関連候補として挙がるため、検索ユーザーのニーズを把握することも可能です。

そのため、サジェスト機能を使ってターゲットのニーズを把握し、SEO対策で選定したキーワードをもとにコンテンツ作成することもできるでしょう。

また、Google・Yahoo!といったサジェスト機能の他にも、「Amazon・YouTube・LINE・Instagram・Twitter」など多くのサービスでも導入されています。

Googleサジェスト機能の仕組み

Google検索

Googlesサジェスト機能は、オートコンプリート機能とも呼ばれ、多くの人が検索しているキーワードを自動的に呼び出してくれる便利な機能です。

オートコンプリート機能は、検索するキーワード以外に、検索結果で欲しかった情報まで予測して提案してくれることが特徴です。

では、実際にサジェスト機能で提案される「キーワード」は、どのような仕組みで表示されているのでしょうか。

ここでは、Googleサジェスト機能の3つの仕組みについて解説していきます。

仕組み1:検索回数

キーワードを検索する回数が一定数あれば、サジェストキーワードが候補に挙がってくる可能性が高くなります。

特に話題になったり、トレンドになったりしているキーワードは、多くの人に検索されやすいため、サジェスト表示されやすいと言えます。

しかし、ここで注意すべきことは、自身で何度もキーワード検索をすれば、第三者のサジェストにも表示されるという訳ではありません。

あくまでも多くの人々に一定数の検索があることで、はじめて表示されます。

仕組み2:検索地域

サジェストの候補は、検索地域によってサジェストの結果が異なります。

例えば、四谷三丁目付近で「カフェ」と検索した時に「カフェ ドトール」「カフェ ベローチェ」など、その地域にあるカフェの名前がキーワード候補として挙がります。

このように、検索ユーザーがいる地域に関連するキーワード候補が表示されるのです。

仕組み3:検索頻度

ユーザーが以前検索したことのあるキーワードは、自動的に候補としてサジェストに挙がりやすいです。

これまで検索してきたキーワードによって、個人の趣味趣向をカテゴリー分けし、それに基づいた情報が表示される傾向があります。

そのため、以前検索した頻度が多いキーワードは、ユーザーが求める情報と認識され、サジェストに表示されやくなります。

サジェスト機能のメリット

サジェスト機能を使用する際の具体的なメリットは、以下の3点です。

①入力が楽になる、手間が省ける
②すぐに答えを知ることができる
③誤字入力を防止できる

普段サジェスト機能を使っている方はイメージしやすいのではないでしょうか?

例として、大人気ドラマ【半沢直樹】について調べるケースを挙げてご説明します。

検索ワードを入力途中の画面

上記をご覧下さい。Google検索に「はんざ」の3文字を入力した時点で、「半沢直樹」が表示されています。

検索ユーザーはこれをクリックすればよいので、「はんざわなおき」と7文字打つよりぐっと手間が省けます。(①)スマホの場合はタッチするだけですね。

また、「半沢直樹の主演の方の名前を思い出せない・・・」といったケースにも、サジェスト機能は活きます。

「半沢直樹」と入力すると、「堺雅人」と自動的に表示されますので、「半沢直樹 主役 名前」と検索しなくても、すぐ答えに辿りつけるんです。(②)

もちろんこれはあくまで検索されてる回数の多さを意味するに過ぎないため、100%正答えとして受け取ってよいというわけではありませんが、ちょっとド忘れしてしまった時や、「聞いたことあるけど言葉が出てこない」という時には、非常に便利ですよね。

最後の誤字入力についてですが、たとえば「半沢直樹」と打つ際、「半沢」を「半澤」と間違ってしまったり、「直樹」を「尚樹」と間違ってしまったりということを防げます。(③)

もちろんこのケースも100%ではありませんが、基本的には誤字脱字がサジェスト上位に挙がる可能性は低いです。

このように、サジェスト機能は検索ユーザーにとって時短や入力ミス防止に非常に役立ちます。

サジェスト機能のデメリット「サジェスト汚染」とは

SEOの対策マップ

検索ユーザーにとってはメリットだらけのサジェスト機能ですが、一方で大きなデメリットもあります。

それが、サジェスト汚染です。

サジェスと汚染とは、ネガティブワードがサジェストに表示され、風評被害などの悪影響を及ぼすことです。

これは実際にあった話ですが、まるなか食品の「ペヤング」を検索した時に「ペヤング 異物混入」などサジェストに表示されると、企業のイメージや評判は落ちてしまいます。

企業以外にも、個人名でサジェストキーワードの被害を受けると、プライバシー侵害や著作権侵害にもつながります。

よって、サジェスと汚染の被害を受けた場合は、一刻も早く対策を講じる必要があります。

サジェスト汚染の対策

一度サジェスト汚染の影響を受けると、削除や非表示にすることが難しく、時間がかかります。

事実と異なるネガティブなワードが表示されるケースも多いため、もし被害を受けた時は検索エンジンに削除依頼をするか、もしくは弁護士に依頼しましょう。

しかし、どちらも確実に削除することは難しいため、その時は、風評被害や誹謗中傷対策のWEB専門業者に相談することをおすすめします!

サジェスト汚染について詳しく知りたいという人は、こちらをご覧ください。

サジェスト汚染って?聞いたことあるけど、一体どういう意味?検索窓のサジェストに「〇〇株式会社 ブラック」といったネガティブなキーワードが表示されることをサジェスト汚染と言います。これは、実態に即して表示される場合だけでなく、根拠や実態がないのにも...

サジェスト機能を使ったSEO対策

誹謗中傷

サジェスト機能を活用して、SEO対策を行う企業や個人のサイトは数多く存在します。

例えば、SEO対策を行う時は
検索ボリュームが高いキーワード
表示させたいサジェストキーワード
を選定し、コンテンツを作成することで、検索上位獲得につながります。

とは言っても、検索ボリュームが高いキーワードはどのように探せばいいのか?

人気のキーワードやトレンドのキーワードを探すことができるサジェストツールが存在します。

サジェストツールを使うことで、今まで見つけられなかったキーワードユーザーが求めているキーワードを把握できます。

サジェストツールの活用

SEO対策を行う上でサジェストツールの活用は、より質の高いコンテンツを効率よく作成することが可能になるでしょう。

より多くのキーワードを効率よくまとめて取得したいという人は、サジェストツールの活用をおすすめします。

サジェストツールについての詳しい内容は、こちらをご覧ください。

SEO対策でコンテンツを作成するとき、どのようにキーワードを探していますか?WEBサイトに多くのアクセスを集めるには、コンテンツとなるSEO記事を作る際のキーワード選びが最も重要になります。そこで、SEO対策で役に立つ無料で簡単に大量の関連ワードを調査できる...

サジェスト機能について|まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回、解説させて頂いた内容をまとめました。

サジェスト機能とは
Google検索の3つの仕組みとは
サジェスト機能の注意点である「サジェスト汚染」とは
サジェスト機能を活用したSEO対策とは

サジェスト機能を活用することで、企業や個人サイトへの訪問者増加を見込むことができます。

サジェスト対策は、効果的なSEO対策の1つのため、サジェスト機能を活用して、SEO対策に役立てましょう!

By


Sponsored Link