イギリス、EU離脱目前?! 円高と株価値下がりが進む日本。経済への影響は?

イギリスのEU離脱から見る、日本経済への影響

>

s_flag-uk-eu-640x381

メディアエクシードです。これは大激震ですね!!
今もっぱら国際経済の話題の中心となっているのが EU離脱 に関するニュースです。

ヨーロッパのことだから日本には関係ないのでは?
イギリスがEUから離脱すると日本にも影響があるの?
為替レート・日経平均株価・円高円安はどうなるの?

・・・なんて様々な疑問が浮かぶかもしれません。
実は、イギリスがEUを離脱すると日本にも大きな影響がある のです!!!
それが日本にとって良い影響なのか、はたまた悪い影響なのか・・・。
気になりますよね(; ・`д・´)


PR広告

そこで今回は、EU離脱・残留に関して日本への影響 を焦点に当てて見ていきたいと思います!
ビジネスマンの方、海外旅行へ行かれる方、FXや投資を行っている方、必見ですよ~( `ー´)ノ

目次

EU離脱を問う国民投票、開幕!
EU離脱が優勢?!
イギリスがEUから離脱した場合の日本への影響

EU離脱を問う国民投票、開幕!

EUからの離脱の賛否を問うイギリスの国民投票が、日本時間の6月23日15時から始まりました。
ロンドン市内はあいにくの雨でしたが、多くのイギリス国民が投票所へ訪れ、1票を投じていったそうです。
さて、国民投票はどのような結果を出すのでしょうか?

実はイギリスのEU離脱問題は最近の話ではありません。
1975年、EUの前身であるEEC(欧州経済共同体)からの離脱について、国民投票を実施したこともあったんです。
この一連の離脱問題は、「ブレキジット(Brexit)」と呼ばれています。
これは、Britain(英国)Exit(退出する)を組み合わせた造語。
イギリスのEU離脱問題は歴史的にも根深いものなのかもしれませんね😢😢😢

大手の調査会社「YouGov」が20日から22日にかけて行った世論調査によると・・・

「EU残留」が51%、「EU離脱」が49%

と、EU残留派とEU離脱派の支持率は最後まで拮抗していました。
投票結果は日本時間の24日午後に発表されるとして、世界の注目が集まっています。

United Kingdom EU イギリス 分裂


EU離脱が優勢?!

イギリスのBBCは日本時間の6月24日正午すぎ、国民投票の結果は「EU離脱が確実」と速報しました。
現在も国民投票の開票作業が各地で進められているとのことですが、他のメディア各社も「離脱確実」を伝えているんだそうです。

日本時間の13時50分現在、96%を超える開票所で開票作業が終わりました。
その結果は「離脱」が1640万3186票で51.7%、「残留」が1532万8123票で48.3%!
BBCなどが報じたように、「離脱」が上回っています

もしもイギリスがEUから離脱することになれば、金融市場の混乱だけでなく、EUの将来をも左右しかねません・・・!!!

移民 難民 問題 ヨーロッパ

EU離脱派の主張

✓ EUへの巨額の財政負担 ✓ 移民問題・難民支援の負担
   ・移民流入による賃金低下、失業率の増加
   ・移民流入による社会保障費の増加
   ・移民流入による治安の悪化、テロへの懸念

EU残留派の主張

✓ EU加盟加国内で国境関係なく自由な経済活動が可能 ✓ 移民受入れによる労働力の増加


このように、両者には様々な主張があるようですね!
みなさんはEU離脱派が勝った場合、イギリスにとってプラスとマイナス、どちらの影響が強いと思いますか?
なんと、イギリスのエコノミストの9割がマイナスの影響が強い と考えているんです。
EU離脱派とEU残留派が拮抗している中、少し驚きの見解ですよね・・・!!

とはいえ、正直なところ実際になってみないと分かりません。
短期的に見たらイギリスの経済活動にマイナスの影響が大きくても、長期的に見たら移民問題・難民支援から解放されてプラスの影響に転じるかもしれませんよね。
離脱が決定しても残留が決定しても、イギリスにとってどちらが良い選択であったかは、誰も知ることができません><

イギリスがEUから離脱した場合の日本への影響

さて、私たち日本人が最も気になるのは、国民投票の結果がEU離脱が決定した場合、日本はどのような影響を受けるのか・・・というもの。
実は、国民投票の結果が出ていない現在ですら、既に日本経済への影響があるんです!
EU離脱か残留かを問う国民投票が行われるまでの時点で、

日経平均株価は1000円超の値下がり
円高の進行:1ドル=99円台(2年7カ月ぶりの水準)

といった影響が日本経済に降りかかっています!!!

EUから離脱した場合、外国為替市場ではポンド安・通貨不安になるのは避けられないでしょう。
そうしてイギリス経済が悪化した場合、世界経済・日本経済への影響は果たして・・・?
そうです、みなさんの記憶にも新しい2008年のリーマンショック級の影響を受けるかもしれないんです!
第二のリーマンショックまで目前・・・かもしれません😢😢😢

rimanshock 株価 レート

イギリスが離脱してしまうと、ユーロを売り、円を買う動きが進みます。
つまり、さらなる円高が進むというわけです。
したがって日本の輸出企業にとってコスト増は免れないため、「残留」を希望しているようです。

その一方で、海外旅行に関しては円高になるドル円レートがお得になるので、今こそ旅行時かもしれません!
さらに海外ブランド品もお買い得になるかも・・・?!



さて、イギリスの国民投票の結果が出るのも目前!!!
離脱か残留か・・・その結果が出た時の日本経済・日経平均株価・ドル円レート・為替など、気になるばかりです><!!

PR広告

Sponsored Link