【激レア!】これ欲しい?ロボット型スマホ『RoBoHon』

【激レア!】これ欲しい?ロボット型スマホ『RoBonHon』

>

スマホユーザーですか?スマホ市場は、AndroidかiPhoneが独占しているので、どちらかを利用しているのではないでしょうか?この2つがメインなので、友達と同じスマホだったり、色が違うだけで同じ機種だったりすることも。絶対に被らない『ロボット型スマホ』はどうでしょう?

 

現在のスマホ市場ってどうなってるの?

slide1-1

2012年は、圧倒的にiPhone(iOS)が優勢でしたが、Androidがシェアを伸ばしてきて、2016年8月には半数以上のシェアを占めています。単純に考えるとスマートフォンを使う人を10人集めたら、約4人はiPhoneで残りの6人はAndroidだと考えられます。

how-to-transfer-music-from-android-to-iphone

スマートフォンは、消費者需要を高めるために、定期的に“新製品”がリーリスされます。そこで、新しいモデルに乗り換えて欲しいメーカー側は、プロモーションを行うので、定期的に新しいスマートフォンを買ってしまうんですね。

 

そうなると、友達の友達と同じスマフォだったり、色が違うだけで同じモデルだったり、スマホかぶりが起きるんです。スマホカバーも同じだったりすると、なんとも言えない気持ちになりますよね。そこで、今回は人と違うスマホが欲しいアナタにオススメなのが、『ロボット型スマホ』です。

 

【激レア!】これ欲しい?ロボット型スマホ『RoBoHon』

世界初の「ロボット型スマートフォン」。

RoBoHonは、シャープがスマホ市場に投入した秘密兵器です。開発者がインタビューでも説明しているように、愛着を持ってスマートフォンと関係を築けるところがポイントです。

使い方の感覚としては、ペットに近い感覚なのかもしれません。

 

『RoBoHon』の使い方は?

4

キッチンでも使えるスマホです。お料理が終わって、手が離せないけど、写真を撮りたい?そんな時には、ロボホンに写真撮影をお願いできます。また、レシピ検索もやってくれるので、お料理も一緒に楽しめますよ。

 

5

カフェでも大活躍ですよ。お気に入りのケーキの撮影をしてくれたり、今日の予定を読み上げて教えてくれるので、便利ですよ。

ロボホンは、従来のスマートフォンの人工知能(Siriなど)より、愛らしいカタチになって、アナタの生活を便利にしてくれるスマホです。アナタ次第で、使い方は、無限大。

 

 

動いている『RoBoHon』を見たい?

top

ちょっと興味がある、欲しくなってきた?でも、実際に見てから決めたい?そんなアナタは、ロボホンが本屋さんの店員になるので、会いに行きませんか?
 

<イベント詳細>

1/23(月)~2/6(月)の間、書泉ブックタワー6階、あおい書店中野本店、SHIBUYA TSUTAYAの3店舗にてモーニングで連載中の人気ロボット漫画
『アイアンバディ』の売り込みをしています。
一生懸命お仕事をしているロボホンに是非会いにきてください。


<イベント開催期間>

場所:書泉ブックタワー6階・あおい書店中野本店・SHIBUYA TSUTAYA
日時:2017年1月23日(月)~ 2月7日(月)※各店舗営業時間に準ずる
モーニング公式ページはコチラ

 

 

『RoBoHon』のスペックは?

robohon_image

SPEC
スペック

身長/体重:約19.5cm/約390g
OS:Android™ 5.0
CPU:Qualcomm® Snapdragon™
400 processor 1.2GHz (クアッドコア)
内蔵メモリ:ROM 16GB/RAM 2GB
電池容量:1,700mAh
連続通話時間(静止時):
3G:約410分/VoLTE:約400分
連続待受時間(静止時):
3G:約220時間/LTE:約210時間
実使用時間:1日以上*1
ディスプレイ:約2.0インチ QVGA
カメラ:約800万画素 CMOS
プロジェクター:HD(1,280×720画素)相当
通信方式*2:3G/LTE
対応バンド:
LTE:Band1(2.0GHz)、Band3(1.7GHz)、Band19(800MHz)
3G:Band1(2.0GHz)、Band6(800MHz)、Band19(800MHz)
VoLTE:○
Wi-Fi®:○(IEEE802.11b/g/n*3)
Bluetooth®:○(4.0)
GPS:○
センサー:9軸(加速度3軸、地軸気3軸、ジャイロ3軸)、照度センサー
電話帳登録件数:最大200件
送受信メール保存件数:最大1,000件

ロボホンは可愛いだけじゃない!普通のスマートフォンと比べても、しっかり使える機能がいっぱいです。今度の機種変更は、ロボット型スマホ『RoBonHon』にしてみませんか?未来を楽しむ時代がやってきたようです。今後のロボホンの活躍から、目が離せません。

 

Aida Minamoto

【参照】

robohon

Ladder Consulting 

 

Sponsored Link