間違えてない?不眠の原因は「ベッドカバー」の色?

「ベットカバーの色」で睡眠の質が変わる!

>

「最近、眠れないなぁ」と感じたら、それは不眠の始まりです。
不眠の対策といえば、漢方、ツボ、病院に行ってみたりするのが一般的な改善方法ですよね。
そこまでするには、抵抗がある・・・そんなアナタに知って欲しいのが、「ベッドカバー」の色選びなんです。

ベッドカバーってそんなに大事なの?

Bed1

人生の1/3は、睡眠時間です。だから、睡眠の質にこだわりたいって思うのも自然ですよね。
ベッド、マットレス、枕などを選ぶときは、慎重な人が多いのも納得です。
じゃあ、ベットカバーの色はどうでしょう?
気にして選んでいますか?
あまり、関心は高くないですよね。

「ベットカバー」で睡眠の質が変わるって知っても、気にしませんか?

イギリスの「トラベロッジ社」が、2000件の英国人家庭を対象に行った実験で、驚愕の事実が判明!
「ベッドカバー」の色が、平均睡眠時間に大きく影響していることがわかったんです。
ベットカバーは、インテリアじゃなくて、不眠の対策で選びましょう。

選ぶべき「ベッドカバー」のTOP3とNG3発表します!

快眠を取れるベッドカバーTOP3

ベスト3位「グリーン」7時間36分

Greenbed

グリーンは、7時間30分以上なので効果的。
アースカラーなので、自然に心が安らぎ睡眠に入りやすくなるんです。

ベスト2位 「イエロー」7時間40分

Yellowbed

イエローは、光や太陽をイメージする温かい色です。
なので、寝室全体をあたたかく、リラックスできる空間にしてくれるんです。

ベスト1位 「ブルー」7時間52分

Bluebed

ブルーは、平均睡眠時間が8時間近いので、最も効果的な「ベッドカバー」の色だと言えます。
ブルーは、心を落ち着かせる効果があるので、血圧や心拍数を抑えて、深い眠りに入りやすいのです。

よくないベッドカバ-カラーワースト3

ワースト3位 「グレー」6時間12分

graybed

グレーは、どんな色とも相性がいいので、インテリアには優秀な色ですが、黒が入っているので、寂しい気持ちになったり、気持ちが沈んだりします。
寝る前に、嫌なことを思い出したり、考えてしまうきっかけになるのでNGです!

ワースト2位 「ブラウン」6時間5分

Brownbed

 ブラウンは、木や大地を感じる色ナチュラルなカラー。
ですが、ここにも黒が入っているので、寂しい気持ちや悲しい気持ちになりがちなんです。

ワースト1位 「紫」5時間56分

purplebed

パープルは、ひらめきや想像力に刺激を与える色です。
クリエイティブな場所に使うと効果的ですが、寝室で何かを考え始めてしまうと、不眠になってしまいます。

 

まとめ

ランキングおさらい
ベスト1位 ブルー 7時間52分
ベスト2位 イエロー 7時間42分
ベスト3位 グリーン 7時間36分


ワースト1位 パープル 5時間56分
ワースト2位 ブラウン 6時間05分
ワースト3位 グレー 6時間12分

「ブルー」と「パープル」では、約2時間のギャップ。
これって大きいですよね?
いつも6時間しか寝ないから、パープルでもいい?

ソレ、違います。

「長く眠れる=睡眠の質が高い」

睡眠時間と睡眠時間の質は比例するんです。長く眠れるというのは、睡眠の質が高いからです。
だから、同じ睡眠時間が6時間でも「ブルー」と「パープル」では、睡眠の質が違います。
だから、翌日の疲れが違うんです。
ベッドカバーの色から、不眠対策を始めましょう。

ともあれ、快適な睡眠を取れていない方には症状が様々です。
サプリメントや、睡眠補助薬に頼る方もいるでしょう!
そんな方の参考になる「睡眠探偵」も御覧ください。

Sponsored Link