SEOライティング・コンテンツ作成の基本

検索上位表示に必須な検索エンジンの仕組みとSEO対策の基礎を紹介

>

SEO対策

「検索しても上位表示されない…」
「アクセス数が増えない…」

 

そんな悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

 

原因は、SEO対策不足かもしれません。
サイト検索で上位表示させる方法をSEO対策といいます。

SEOの仕組みを知り、SEOに強いライティングを行なうことでアクセス数の増加を促すことができると考えられます。
SEO対策を施した「SEOライティング」で検索に引っかかりやすく、ユーザーのニーズにも応えたコンテンツが作成できます。

目次

まずはSEOを理解しましょう

SEOとは

SEOとは検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)のことで、
SEO対策は特定キーワードで上位表示を狙う技術です。

SEO対策を行い、検索結果でより多く露出できればサイトへのアクセス増加に繋げることができます。

検索エンジンを決める【クローラー】

検索上位になるかは検索エンジンの「クローラー」が決めます。
クローラーはインターネット上を徘徊してサイトの情報を集めるロボットのようなものです。

 

クローラーは”機械的に”サイトの情報を収集しています。
そのため、サイト作成側はクローラーが情報を理解しやすいように設計する必要があります。

クローラの大きな特徴として、クローラーはすべてのデータを平等に扱わないことが挙げられます。

 

クローラーは集める情報に優先度を付けており、それをもとに検索結果を表示しています。
優先度が高い順にタイトル→見出し→本文となっています。

そのため、SEOではタイトルが非常に重要で、検索表示に直結します。
このように、クローラーの特徴を理解することで検索順位を上げやすくすることができるのです。

検索エンジンとユーザーの両立

検索エンジンを意識してコンテンツを制作すれば上位表示されやすくなりますが、検索エンジンのみを意識しすぎると、ユーザーにとって読みにくい内容のコンテンツとなってしまい、本末転倒となります。
サイトで一番肝心なのは、なんといってもユーザーのためになる情報があるかです。
これを念頭に置き、ユーザーと検索エンジンの”両方”に優しいサイト作りを心がけましょう。

 

検索上位サイトになるには検索エンジンとユーザーの双方を意識しなければなりません。
検索エンジンを意識することで上位表示されやすくなり、
ユーザーを意識することでアクセス数が増加しやすくなります。

それではこれから、具体的なSEO対策のテクニックを紹介します。

検索エンジンフレンドリーなコンテンツづくり

コンテンツ

クローラーにサイト情報を理解してもらうためには意識的にキーワードを組み込む必要があります。
しかし、キーワードを闇雲に盛り込むだけではいけません。

 

キーワードを詰め込みすぎてはGoogleのガイドライン違反になりかねませんし、ユーザーにとって読みにくいサイトとなってしまいます。

キーワードを”効果的に”組み込むことが重要です。

 

上位表示率に直結しやすいタイトル、見出し、本文の順でSEO対策の技術を詳しく紹介していきます。

魅力的なタイトルの作成

クローラーが最も重視するのがタイトルです。
また、ユーザーもタイトルでアクセスするかを決めます。
興味をそそるタイトルのサイトってついクリックしてしまいますよね。

このように、タイトルは検索エンジンとユーザーの双方の観点から最重要で、検索順位を大きく左右しています。

 

タイトルを作成するうえで絶対にすべきことは、タイトルは30文字以内で作成する。そして、決めたキーワードを含めることです。

この30文字という文字数は、GoogleやYahoo!での検索結果でタイトルが見切れない最高限度文字数になっており、30文字を超えてしまうとタイトルが見切れてしまうので避けるようにしましょう。

そして、タイトルには必ずキーワードを入れるようにしましょう。
どういった内容のコンテンツなのかをクローラーとユーザーにアピールすることできるようになります。
タイトルにキーワードを入れてクローラーにアピールすることで、上位表示に繋がります。

 

この2つを守ったうえで、タイトルはなるべく短くコンパクトに、キーワードは前方に入れるように心がけましょう。
ユーザーもクローラーもタイトルを見る際には前方から注目していきますし、短くコンパクトにまとめることで特定のキーワードに注目が集まりやすくなります

さらに、ユーザーが思わずクリックしたくなるような魅力的なタイトルを作ることができれば完璧です。

内容が分かりやすい見出し

HTMLでコンテンツを作成する際にはh1~h6タグで見出しを付けることができます。
原則として、h1タグは1ページに1つで、メインコンテンツをh2タグから始めます。

 

h1、h2、h3…の順で大見出し、中見出し、小見出し…となり、
クローラーは見出しから概要と文章全体の構造を把握します。
そのため、hタグ内にもキーワードや関連の高いワードを入れることでさらなるSEO対策を図ることができます。

 

クローラーは見出しから文章構造が把握されるため、
h2タグにはh1タグの内容の詳細を、h3タグにはh2タグの内容の詳細を書くなど、階層性を意識しましょう。

双方から好まれるテキスト

テキストの中でも段落の最初が優先されて注目されます。
そのため、段落の最初にもキーワードを含めるように心がけましょう。

特に、記事コンテンツでは、リード文や最後の段落にキーワードを含めることで文章全体の関連度も高まり、クローラーにもユーザーにも読みやすいページとなります。

 

テキスト全体で注意すべきことは、最低限のマークアップ言語を用い、代名詞を多用しすぎないことです。
マークアップ言語はクローラーに文章構造を伝える方法であり、上記で紹介した見出しを表すhタグがマークアップ言語の一例です。

最低限マークアップを施すことで、クローラーが円滑にサイトの内容を理解することができます。
また、クローラーは「これ」「それ」「彼」のような代名詞が指す内容を解釈できるほど万能なロボットではありません。
読者が読みにくくならない範囲で代名詞の多用は避けた方が好ましいです。

 

また、テキストを書く際に、共起語を意識してみましょう。
共起語とは、特定キーワードと関連性が強く頻繁に現れるキーワードのことです。

この共起語は共起語検索ツールなどで無料で簡単に検索することができます。
共起語を含めることで、特定キーワード以外のワードからも検索エンジンに引っかかりやすくなります。
この二次的なSEOを「ロングリテールSEO」と言い、その効果は決して少なくありません。
共起語は、コンテンツの内容を濃くできるうえ、ロングリテールSEOにもつながり一石二鳥の手法です。
テキストを書く前にあらかじめ共起語を検索しておき、意識的にテキストに組み混むようにしましょう。

意味のあるURLの作成

URLはコンテンツを挙げる際に独自で指定することができます。

デフォルトで設定される数字と英字の羅列のURLよりも、特定のキーワードを含めたURLにしておきましょう。
URLに意味を持たせることで被リンク効率が良くなり、SEO対策にも貢献します。

画像を使ってさらにSEOを上げる

画像には「ALT属性」という要素があり、画像の簡単な説明を書くことができる項目のことです。

クローラーは画像事態を認識できないため、画像の情報をALT属性から取得します。
そのため、ALT属性を記入しておくことでSEO対策に繋げることができます。

また、ALT属性を記入しておけば、画像が表示できないとき画像の代わりに文字情報として表示してくれるという役割も担っています。

ユーザーを意識したコンテンツづくり

上記では主に検索エンジン、特にクローラーを意識したテクニックを紹介しました。
クローラーを意識して上位表示されても、ユーザーの求めている情報でなければ、クリック率や閲覧数は下がってしまいます。

ユーザーにも好まれるコンテンツを作成するために、ユーザーを意識したコンテンツ作りで意識すべき項目を紹介します。

十分な情報量

検索エンジン対策としてキーワードを意図的に組み込むことを挙げました。
しかし、ただ単にキーワードを多用するのでは意味がありません。

設定したキーワードの内容に過不足なく応える必要があります。
狙っているキーワードを検索するようなユーザーが何を求めているかを把握し、ユーザーの検索興味に応えた内容をコンテンツを作りましょう。

コンテンツの内容が薄ければ、たとえ検索上位となってもアクセス数は伸びません。

適度な情報量

キーワードに関する内容は必要不可欠ですが、情報量が多すぎてもいけません
内容が多いと、ダラダラと長く冗長になってしまいます。

どこに自分の求めている情報があるのか探すのは面倒ですよね。

そのため、ユーザーの求めてる重要な情報をコンパクトにまとめることも大切になってきます。
また、見出しや強調部分の流し読みだけでも概要が把握できるようにしておくと、非常に読者に優しくわかりやすいコンテンツとなります。

双方が求めているのは量より質?

過去に、SEO対策にはまず文字数だと言われている時期がありました。
しかし、弊社では文字数の量よりもコンテンツ内の質が最も重要と考えています。

長文の記事というのは、たくさんの情報を盛り込むことができますがその分、何が重要なのかわからないという欠点がありました。

例え文字数が少なくても、ユーザーが検索したキーワードに一番適している短くても質のいい情報が今上位表示されやすく、ユーザーにも好まれるコンテンツになるとみています。

SEO対策チェックリスト項目

実際に自分が運営しているサイトがSEO対策できているかどうかをこのチェックリストで確認してみてください。

チェック項目が少ない方は、今から改善し、検索順位を上へ上げていくことができます!

 

検索されたいキーワードを決めてコンテンツを制作しているか
タイトルは30文字以内に収めているか
タイトル内にキーワードを入れているか
見出しのhタグは正しく使用できているか
hタグ内にキーワード・関連性の高いワードを取り入れているか
テキスト内の冒頭にキーワードを入れているか
必要以上に代名詞を入れていないか
テキスト内に共起語を意識して取り入れているか
ユーザーの読みやすいライティング内容になっているか
ユーザーが求めている情報が書かれているか
キーワードが含められたURLになっているか
コンテンツの内容に合った画像を使用しているか
画像内のALT属性を正しく使用できているか
記事の内容が冗長になっていないか

作成しているコンテンツはSEO対策できていましたか?
クローラーの求めている情報と、ユーザーの求めている情報の総数は数えきれないほど多くあります。

その中から少しでも多く盛り込み、SEO対策していくことで、アクセス数が伸びていきます。

まとめ

SEO対策では、検索エンジンとユーザーの両方を意識することが必須条件になってきます。

 

コンテンツを作る際にはユーザーのためになるかどうかが最重要事項です。
適切な情報量や読みやすさ、わかりやすさを特に意識し、クローラーに囚われないようにしましょう。

コンテンツの中身が充実した上で、検索エンジンが理解しやすく、上位表示されやすいコンテンツを制作できるように心がけましょう。

 

改善点が見つかれば徐々に上に上がり、アクセス数が伸びるはずです。

基本をしっかりと理解しSEOに強い記事を書けるようになりましょう。また、ライティングサービス・記事販売についてはメディアエクシードまでお気軽にお問合せ下さい。

 

ニシムラクンアイコン

理系大学生

Nisimura

某有名大学在学中の理系大学生。SEO対策調査部員として活動しています。

 

Sponsored Link