【重要】アナタは大丈夫?週40時間働いたら「うつ病」になる!?

【重要】アナタは大丈夫?週40時間働いたら「うつ病」になる!?

>

アナタは、働きすぎじゃないですか?週に40時間以上働いていたら、要注意です。オーストラリア国立大学の研究チームが「週40時間以上で精神的な健康に影響を与える」と発表して、話題を呼んでいます。気になる詳細をチェックしましょう。

 

 

アナタは大丈夫?週40時間働いたら「うつ病」になる!?

Tired businesswoman sitting at the table with big clock

アナタは週に何時間働いていますか?

オーストラリア国立大学(ANU)の研究チームが「心身の健康を考えるなら、週40時間以上働くべきではない」と学術誌「Social Science and Medicine」に発表しました。

日本人にとって、週40時間と聞くと、日常ですよね。例えば、週5日8時間勤務プラス1時間残業した場合は、45時間。残業をしなくても、40時間。これは、オーストラリア大学で発表された数字を超えています。

 

Beautiful businesswoman sleeping at the table in office

オーストラリア国立大学の調査って?

「Household, Income and Labour Dynamics in Australia Survey」として、オーストラリアの労働者8000人データーを調査しました。

現在の世界基準の労働時間目安は、1日8時間、週6日勤務で合計48時間

これは、1910年に提唱された目安なので、現在の(2017年2月)経済状況や労働環境に見合っていないと判断されました。心身ともに健康な家族生活を続けるには、週39時間労働が限度だと発表しました。

週39時間を越えると精神衛生に支障をきたすリスクが上がるそうです。

Teamworkみんなはもっと働いている?

研究チームを率いたリンドル・ストラジンズ教授は、「労働者の25%が週40時間以上、働いている」と述べ、「男女別における勤務時間も考慮すべき」と加えた。女性が育児やその他の家事の負担する割合が高いことから、健康な労働時間は34時間が限度としています。

 

Rubbing templesオーストラリアの法律って?

オーストラリアでは、National Employment Standardsで、雇用主は、被雇用者に対して「超過勤務時間が妥当とされない場合、週38時間を越える労働時間を求めてはならない」と規定していますが、妥当の超過勤務時間についての定めがないので、判断が難しいところです。今後の法整備が期待されています。

 

Family of sixこれからの労働はどうなる?

『長時間勤務=評価』のスタイルは、現在のワークスタイルにはマッチしていません。メディアには、過労死問題、残業代未払い、サービス残業の強制など、労働問題が溢れています。自分を守ることができるのは、アナタだけです。雇用主に「残業はできません」と言うことができない人は、積極的にパートナーと協力して、家事や育児、介護などを分担しましょう。

週末は子どもを祖父母に預けたり、デイケアサービスを使いましょう。勤務時間が長いと家族の時間や自分の時間が作れません。仕事だけに集中すると、気づいたら「うつ病」になっているなんてことも。積極的に、自分の時間を保つようにしましょう。

Aida Minamoto

 

【関連記事】

【重要】フランスの法律「勤務時間外に“仕事メール”を見ない権利」って?

【参照】
※ Call for rethink on working week, study warns of health risks

 

 

 

 

index